燕・歳時記 Special

燕山荘通信

ご来光や日の入りは雲が主役


朝・夕を赤く染める美しさは、空を赤く染める雲が主役です。

【高瀬渓谷の雲海】

気温が10℃以下に下がる秋にはよく見られますが、夏の時期に高瀬渓谷へ雲海が入ることは珍しい現象です。

【太陽柱】

夏にはめったに見られない太陽柱が現れました。大気がマイナス15℃以下になると出やすくなるといいます。オホーツクの冷たい高気圧の影響でしょうか。

【柔らかな朝焼け】

上空に雲があると柔らかな朝焼けが始まります。雲が高いとご来光が遅れますが、やはり夏です。太陽が顔を出すと強烈な光が差し込みます。

【日の入り】

夕日が沈んでからの時間は余韻を残してくれます。
ここでも雲が赤く染まり主役を務めてくれます。

写真・文 赤沼健至

株式会社燕山荘 松本事務所

〒390-0874 長野県松本市大手2-3-10

0263-32-1535 0263-32-0898

pagetop.png