◆燕山荘通信・穏やかな一日◆
H25.12.26更新


12月25日は、日本列島すっぽり高気圧に覆われ、ここ燕岳周辺をはじめとする隣県の峰々が一日中きれいに見渡すことができました。
風も微風、気温もこの時期としては-9℃とやや高め。防寒着をしっかり着こみ、小屋周りを散策すると、少々汗ばむ陽気でした。冬山というと、どうしても吹雪いているイメージが強いですが、天気図や気象情報を駆使してチャンスをつかめば、穏やかな冬晴れに遭遇することができます。


15:00 燕岳山頂より槍・穂高連峰方面

燕岳山頂より 左;剱・立山連邦、右:針ノ木岳

燕岳山頂より 鹿島槍ヶ岳、白馬岳方面

燕山荘より 遠く火打山、妙高山、戸隠山、黒姫山方面

【紅く染まる】
日の出は6:58。八ヶ岳連峰の左端(蓼科山あたり)から出ます。
年越しにかけて、もう少し日の出の時間は遅くなります。

燕岳、左:剱・立山連峰

槍・穂高連峰~大天井岳~常念岳
条件次第では、これよりもっと山肌が紅く染まるモルゲンロートを見ることができます。

12月26日の朝方の様子です。遠望で富士山がご覧いただけます。年末にかけて強い寒気が入るとのことですので、防寒対策等、出発前には必ず今一度ご自身の装備に不備がないかご確認の上、安全で楽しい冬山山行となりますよう願っています。


このメンバーで年末年始皆様のお越しをお待ちしております。



気になるこれからの天気ですが、そろそろ各気象機関で、年末年始の天気予報が発表されてくるものと思われます。必ず確認して頂き、ご自身の技量と照らし合わせて、無理のない登山計画をお立て願います。

写真:リポート  榊 寛昭


燕山荘通信へ戻る


燕山荘のページへ

燕山荘トップへ