◆燕山荘通信・山の美しさが増してきました◆
H25.11.19 更新


今シーズンの燕山荘、有明荘の営業は11月24日(日)のご宿泊までとなります。
いよいよ小屋閉めの日が近づいてきました。
寒さが厳しくなっていきますが、その分、山の美しさは増していきます。


雪煙の中の燕山荘


【寒気が抜けた翌日の景色】

合戦尾根


槍ヶ岳
寒気が強いと雪が降り、気温がマイナス10度以下となる日もありました。
そして、その寒気が抜けた翌日には、こんな美しい景色を見ることが出来ます。


【裏銀座の山々の上に美しい地球影】
冬になると地球影がよりきれいに見えるようになります。日の出と反対方向の空も見逃せません。


【山頂へのルートには赤旗】
稜線はすっかり冬の様子です。山頂へのルートも分かりづらい箇所には赤旗を立ててあります。
吹きだまっていて歩きづらい所もあるかもしれませんが、ハイマツや高山植物のためにも赤旗どおりにお願いします。


【北燕岳からは先は】
北燕岳からは先は、雪がびっしりとついています。トラバースの多いこのルートは冬は通行出来なくなります。


【大天井方面への縦走路】
大天井方面の縦走路ももう冬ルートです。蛙岩も写真の右側の岩の間をくぐり抜けて通ります。また、大天井岳へは直登となります。こちらには赤旗等の目印はありませんので経験者のみ許されたコースとなります。


【雪庇】
燕岳は冬は非常に西風の強い所です。この写真では伝わらないかもしれませんが、雪庇からものすごい雪煙が出ています。
こんな時の稜線歩きは非常に厳しいものとなります。


【満月の月明かりに照らされた雪山】

満月の前後は、雪山は夜でも非常に明るくなります(写真は夜9時過ぎに撮影)。
夜、外に出て写真を撮られている方を多く見かけました。月明かりに照らされた雪山は幻想的でとても美しいです。


【雪の重さから小屋を守るサポート】
冬の間、雪の重さから小屋を守ってくれるサポートが入りました。小屋閉め作業と営業を並行していきますので、ご迷惑をおかけするかもしれませんが、宜しくお願い致します。

【中房線乗合バスの運行について】
今日(11月19日)以降、中房線乗合バスの運行は11月23日、24日のみとなりますのでご注意ください。
詳細はこちらから→中房線乗合バスの運行時間
【有明荘の日帰り入浴の営業について】
有明荘の日帰り入浴の営業は、11月24日(日)の17時までとなります。


写真・リポート:河地清人

燕山荘通信へ戻る

燕山荘のページへ

燕山荘トップへ