◆燕山荘通信・燕山荘オリジナル企画・槍ヶ岳登頂表銀座縦走ツアー◆
H25.9.28 更新


9月23~26日、燕山荘グループの山小屋、燕山荘・大天荘・ヒュッテ大槍に泊りながら槍ヶ岳を目指す表銀座縦走ツアーを行いました。燕岳を出発し槍ヶ岳までの稜線を歩くこのコースは、どんどん近づいてくる槍を眺めながら歩ける雲上の散歩道、とても素晴らしいコースです。また、この時期の稜線はちょうど紅葉のいい季節で、赤や黄色に色づいた木々の中を歩く、秋山を満喫出来るツアーでもあります。


〈燕岳から槍ヶ岳を目指して歩く縦走路の途中 槍ヶ岳をバックに〉


〈24日朝 燕山荘出発時玄関前にて〉
出発当日の朝は、霧雨が降り、屋根に雫の落ちる音で目が覚めました。しかし、歩き出すにつれて天気は次第に良くなっていきました。


歩き出してすぐに雷鳥の親子に出会えました。


大下り辺りは、赤くなったナナカマドがとてもきれいでした。


〈大天井岳山頂〉


〈東天井岳山頂〉



〈ブロッケン現象に大喜び〉
24日は、大天荘まで行き、そこから東天井岳まで往復しました。東天井岳は大天荘から1時間あまりですが、
そこからの眺めは雰囲気がかなり変わります。その帰り道にブロッケン現象を見ることが出来て、皆さん大喜びでした。


当日大天荘では年数回のイベント「ランプの夕べ」の開催日でした。ランプだけの明かりの下、大天荘のスタッフによる手作りケーキとワインを楽しみながら、スライドショーや、麓、安曇野の民話を聞くとういう企画でした。右は25日出発時 大天荘前での集合写真

〈大天荘内外の写真〉


25日は、いよいよ槍ヶ岳の登頂を目指します。12時間行動の長い一日のはじまりです。
槍の穂先は雲で覆われていましたが、その雲に朝日があたってこれもまた美しいものでした。


前日は、ガスで見えなかった燕岳~大天井岳の縦走路の紅葉の山肌が朝日に照らされていました。

大天荘を出発すると、その雲も取れ、これから向かう縦走路が一望出来ました。
出発時は皆さんダウンなどの防寒着や手袋をされていましたが、日が当たりだすと急に暖かくなってきました。

西岳でオコジョに会いました

鎖やハジゴを登ります。

西岳を過ぎるといよいよ東鎌尾根へと入って行きます。鎖やハジゴが出て来て緊張しますが、紅葉の美しい景色が目を楽しませてくれます。

〈槍ヶ岳登頂〉
槍ヶ岳の肩に着いた頃には、ガスで何も見えなかったのですが、槍ヶ岳山頂に着いた途端、ガスが切れて青空が見えました。
今回のツアーは、要所要所で天候に恵まれ、とても「ツキ」のあるツアーとなりました。


〈ヒュッテ大槍内外の写真〉


〈26日 ツアー解散時の虹〉
25日は無事槍ヶ岳登頂を果たした後、ヒュッテ大槍に宿泊。翌26日はヒュッテ大槍で解散となり、皆さん上高地へと下山されて行かれました。東鎌尾根を少し下った所からは幻想的な虹が出ていました。盛りだくさんのこのツアー最後にふさわしいく思えました。

このツアーの翌日、燕山荘では氷が張りました。この冷え込みで紅葉はどんどんと下へ下がっていくことでしょう。今年の稜線の紅葉はとてもきれいでした。その中を歩けた3日間は、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。ツアーにご参加いただきまして、ありがとうございました。
ガイド: 井村克彦 河地清人 徳本 悟
写真: 井村克彦 河地清人
レポート: 河地清人



燕山荘通信へ戻る

燕山荘のページへ

燕山荘トップへ