◆燕山荘通信・初秋◆
H25.9.11 更新


8月後半から9月の初めにかけては、秋雨前線や台風の影響により雨の日が多くなりましたが、
ここへきてようやく、秋空の広がる天気の日が現れるようになってきました。

雨が上がって視界が広がると、山肌の色はだいぶ変わっていました。
草紅葉がはじまり、ナナカマドの実の赤い色も深さを増していました。

〈燕岳山頂とナナカママド〉


〈稜線〉


〈高気圧〉
大陸からやってくる高気圧は、乾いた空気をもたらします。この高気圧に覆われると澄んだきれいな空が広がります。

〈日の出時刻〉
日の出時刻は、5時20分過ぎになってきました。朝の気温は5度位まで下がり、日中でも10度位です。
朝はストーブを必要とするようになってきました。

〈雷鳥〉


雷鳥の子供もすっかり大きくなりました。相変わらず小屋の周りによく姿を現わしてくれます。
大きくなっても親鳥は子供たちがエサを食べている横で、周りを気にしていました。大きくなっても子供はまだ子供なんですね。

〈道直し〉
先週から今週にかけて、第3ベンチ付近の道直しを集中して行いました。階段ひとつ作るのにも、その場所まで丸太を担いでいかなければならないので中々進みませんが、少しでも歩きやすい登山道になるように今後も道直しを続けていきます。

〈2013年最盛期のスタッフ〉



【登山道でのご注意】
このところ、登山口から登り始めて約10分位の所(滑落注意の看板がある辺り)で、燕岳からの下山時に転倒される方が多くなっています。特に日帰りの方が多いようですが、足が疲れてくる頃でもありますし、中房温泉も見え始め、気もゆるんでくる所でもあります。最後まで気を抜かないで慎重に下山してください。また、すれ違いでは登りの方が優先になります。よける際は必ず山側によけて下さい。

【秋の連休】
今週末はいよいよ秋の連休になります。紅葉にはまだ少し早いですが、里よりひと足早い秋を楽しむことが出来るでしょう。ただ、もういつ氷が張ってもおかしくない時期になってきていますので、防寒具は必ずお持ちください。日の入りもだいぶ早くなって、18時頃になっています。
また、登山口周辺の駐車場は大変混み合うことが予想されます。お車でお越しの方は、出来るだけ安曇野市内の登山者専用無料駐車場に車を止め、中房定期バス、タクシー等の公共交通機関のご利用をお薦め致します。
※アクセスの詳細はこちらから→燕山荘アクセス

写真・リポート:河地清人

燕山荘通信へ戻る

燕山荘のページへ

燕山荘トップへ