◆燕山荘通信・燕岳クラシックコンサート◆
H25.8.29更新


[燕山荘夜景]



朝晩の気温が下がってきました。特に朝は10℃以下になってきています。


[燕岳クラシックコンサート]




今年で29回目になる恒例の燕岳クラシックコンサート。松本市に本部のある国際スズキメソード音楽院の皆様の演奏によるコンサートを8月第4週の土曜日(24日)に開催致しました。ヘンデルのコンチェルトやモーツァルトのコンチェルトの演奏に加えて、楽器紹介、演奏者紹介なども盛り込まれたとても楽しいコンサートです。バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスの音色が山荘一杯に響き渡り、前日までの雨で洗われ清々しい空気になった山路とともに、心が洗われ、癒される演奏会でした。
今年も、全国から駆けつけてくださった演奏者の皆様、本当にありがとうございました。そして、お越し頂いたお客様に心から感謝申し上げます。

〈ご挨拶〉
クラッシックコンサートの開始にあたり、燕山荘の赤沼が現在のホルンの原型であるクラシックなアルプホルンで前座を務め、演奏者の皆さんをを代表してコントラバス奏者の嘉納さんのご挨拶と司会で演奏が始まりました。

〈演奏会〉




「山の上でこんな意素晴らしい演奏を聞かせていただきありがとうございました。」「よかった。雨降りの予報が出ていたのでどうしようかと思っていたの、来てよかった。」 お客様から喜びの声をたくさんたくさんいただきました。

〈メンバー紹介〉
前列左より 高田瑛子 谷口和恵 渡邉有香 春野兄弟(特別出演)福田優史 森林寛之 原力海
後列左より 伊藤達哉 嘉納雅彦 網信岳(敬称略)
(伊藤さん網さんは、音楽院を卒業され、一宮、青森でスズキメソードの指導に当たられています。
嘉納さんは、演奏に司会に燕岳クラシックコンサート最多登頂出演者です。)


演奏者の皆様と燕山荘スタッフ全員と

〈下山の朝〉
演奏会翌日の朝はかなり雨が降りましたが、演奏者の皆様が下山される時間になると小雨になり、姿を隠していた燕岳が、ありがとうございましたと御礼を言っているように姿を現しました。そして、高瀬の谷にはうっすらと虹も出ていました。
演奏会前日の23日は、雷を伴う大雨。演奏者の皆さんのバス手配をしたところ、「こんなに雨が降ってもやるだかいね。」と言われるほどの降りでしたが、当日の朝には雨が上がり、夕方には素晴らしい日の入りも見ることができました。
今年も素晴らしい演奏会を本当にありがとうございました。



[夏山診療所]
順天堂大学医学部山岳部夏山診療所の皆様
7月18日からお世話になっていました順天堂大学医学部山岳部の皆様による燕山荘夏山診療所が、25日をもちまして終了致しました。
燕山荘に診療所を開設いただきまして60周年。北アルプスの山小屋診療所の中でも長い歴史があります。今シーズンもお世話になりありがとうございました。沢山のお客様から御礼の言葉をいただいています。


[今咲いている高山植物]
ナナカマドと燕山荘

シモツケソウ

イワオトギリ

ミヤマアキノキリンソウ ミヤマリンドウ
花も秋の色合いになってきましたが、ナナカマドの実は赤くなり始めてきました。まだまだ楽しめそうです。


写真・リポート:赤沼健至

燕山荘通信へ戻る

燕山荘のページへ

燕山荘トップへ