◆燕山荘通信・新緑と雪山◆
H25.6.6更新


6月6日現在、本格的に雪の上を歩くようになるのは合戦小屋から上部になります。
合戦小屋付近でもナナカマドの芽吹きが始まり、新緑と雪山の両方を味わえる季節です。
第二ベンチから下の新緑が特にきれいで、「これを見に来ました」というお客様もおられます。

【新緑と雪山】
新緑の中を歩くのは清々しく、気持ちがいいです。


黄花シャクナゲのつぼみ。
ミヤマキンバイも一部咲きだし、
稜線にも春の足音が聞こえてきました。

富士見ベンチ付近から雪がでてきます。



合戦小屋から上は雪の斜面になります。雪解けはすすみ地面が出ている箇所もありますが、雪がしまってきているので、アイゼンを着けているほうが上下山しやすく、安全です。


【春山登山教室最終回】
6月1日~2日、今シーズン7回目の春山登山教室を行いました。雪が少なくなってきていたので、雪上訓練ができる場所を探しましたが、練習にはちょうど良い固さの雪質でした。6月上旬の山は、まだまだ雪山の要素も多いので、雪上訓練は有効です。
歩き方やピッケルの使い方の説明。


雪山は転倒しないように歩くことが重要。
まずはキックステップの練習から。

滑落停止訓練



燕岳山頂
ガスにつつまれて何も見えませんでした。


下山途中、山頂が見えたので記念撮影。

今回が2013年春山登山教室最終回となります。
皆様のご協力により、全てのツアーが無事終了できましたことに心から感謝申し上げます。
ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。
ガイド・写真:井村克彦  河地清人
リポート:井村克彦

次回燕山荘オリジナルツアーは「雷鳥鑑賞会」です。

燕山荘通信へ戻る

燕山荘のページへ

燕山荘トップへ