◆燕山荘通信・徐々に春の足音が・・・◆
H25.5.30更新


先週末からの1週間で、登山道の雪解けは進み、登山口からは徐々に春の足音が聞こえてくるかのようです。
芽吹いたカラマツの淡い緑が美しい季節になりました。テントでお越しの方は、まだ雪上にテントを張って頂く状況です。
5月25日、26日の週末、今シーズン第6回目の燕山荘主催 春山登山教室を行いました。




【登山道で見られる花】
オオカメノキ

メイヅルソウ

イワカガミ

ミヤマヤシオツツジ

イワナシ バイカオウレン
花々もだいぶ目につくようになりました。この他にもエンレイソウなどが第1ベンチ下部で見られます。

【5月26日現在登山道の様子】
富士見ベンチ

富士見ベンチ~合戦小屋

合戦小屋

合戦小屋~合戦沢の頭

合戦沢の頭

合戦沢の頭~燕山荘 燕山荘直下
第3ベンチと富士見ベンチの間から雪を踏むようになります。合戦小屋から上部は本格的な雪上歩きとなります。ピッケル、アイゼン(10本歯以上)の携行をお勧め致します。また、要所に赤い旗を立ててあります。
※登山道のトレース上においてのグリセード、尻滑り(シリセード)はお控えください。ご自身の滑落する危険もさることながら、他のお客様のご迷惑にもつながります。


【テント場の様子】
燕山荘テント場(燕山荘から見たテント場の様子) 燕山荘周辺(燕岳頂上から燕山荘方面を望む)
現在、テントでお越しの方は、雪上にテントを張って頂く状況です。トイレは、燕山荘本館内の施設をご利用願います。
燕山荘~燕岳山頂は、ピッケル、アイゼンの必要はありません。

【第6回春山登山教室】
5月25日、26日の週末、今シーズン第6回目の燕山荘主催 春山登山教室を行いました。




「息遣い一つで、登りの体力の消耗が違うんですね。」
「会話しながら登れる速度がちょうどいいです」
一歩一歩、ゆっくり、息を吐ききる深呼吸を意識して登ると、息遣いが楽になります。
その際、歩幅を狭くすることで、より体力の消耗を抑えられます。

燕山荘主催2013年春山登山教室は、今週末(6月1日~2日)のツアーが最後となります。
ガイド:榊 寛昭  河地清人


【テレビ放映のお知らせ】
5月GW中の燕岳の様子が、6月1日テレビ放送される予定ですので、お知らせ致します。
<番組名>  BS‐TBS 日本の名峰絶景探訪 「燕岳 北アルプスの宝冠」
<放送日時> 2013年6月1日(土)   21:00~21:54     (再放送)2013年6月8日(土)   11:00~11:54
<出演>   海洋冒険家・白石康次郎他
「北アルプスの名峰・燕岳(つばくろだけ)。山を愛する多くの人々を魅了するその山は、自身の美しい姿だけでなく、日本アルプスの山々を見渡せる雄大な景色を擁している。『北アルプスの女王』と言われる燕岳の艶姿と山頂からの大絶景を求め、海洋冒険家・白石康次郎が残雪の燕岳に挑む。」番組HPより。

写真・リポート:榊 寛昭

燕山荘通信へ戻る

燕山荘のページへ

燕山荘トップへ