◆燕山荘通信・穏やかな週末と第5回春山登山教室◆
H25.5.21更新


5月18、19日の週末、燕岳山頂周辺から霞のかかった山の景色は、
まさに「5月だな」と実感できる穏やかで清々しい印象をうけました。





第1ベンチ周辺のオオカメノキは、ちょうど見ごろを迎えています。
白い花弁が鮮やかです。他にイワナシが咲き始めていました。


【登山道の様子】
第3ベンチ~富士見ベンチ

富士見ベンチ~合戦小屋

合戦沢の頭付近 燕山荘直下
5月18日現在、積雪は第3ベンチより上部にあります。燕山荘までの要所には赤い旗が立ててあります。日中晴れて陽射しが強い時などは、かなり雪面が緩み、ズボズボ足が取られることがあります。なお、気温が低くい日は、朝晩中心に雪面は凍結しますので、アイゼン、ピッケルの携行をお願い致します。


【雷鳥】
燕山荘~燕岳山頂 燕山荘脇
いずれもオスの雷鳥ですが、すぐそばにはメスもいて、どちらもつがいのようでした。天候の善し悪しに関わらず、燕山荘周辺で朝夕中心に見かけることができます。くれぐれも追い回すことなく、そっと見守ってあげてください。


【第5回春山登山教室】
思いの外の好天に恵まれ、上下山とも気持ちよい山行となりました。



燕岳山頂にて
「雪の上で転倒すると、こんなに加速がつくものなんだ」
「登りより下りのほうが緊張します」
この時期は、「転倒しないで歩く」これが雪稜歩きの一番大切なキーワードです。

<お願い>
ここ最近、皆様が作られたトレース上を、グリセード・尻滑り(シリセード)で下りられる方が目立ちます。他のお客様の迷惑になる他、ご自身の滑落にもつながりかねませんので、お控えください。

ガイド:榊 寛昭  林 正美    写真:林 正美     リポート:榊 寛昭

燕山荘通信へ戻る

燕山荘のページへ

燕山荘トップへ