◆燕山荘通信・年末年始営業に向けてスタッフ入山致しました◆
H24.12.20 更新


燕山荘、恒例の年末年始営業(12/22~2013/1/6ご宿泊まで)に向けてスタッフが入山いたしました。
12月に入り大雪が降りましたが、その後、上の方まで雨が降ったため雪がしまりラッセルすることもなく登ることができました。


12月19日 燕岳と燕山荘



冬期営業スタッフ


【第1ベンチ周辺の様子】
気温は-8℃、霧氷がきれいで冬山の楽しさがこみ上げてきます。


【合戦小屋】

大天井岳


樹林帯を抜けて合戦小屋周辺から急に雪の量が多くなりますが、一気に視界が開け大天井岳も望めました。


【合戦尾根】







三角点からは急に寒さが厳しくなりました。私は森林限界を越える三角点からの合戦尾根が大好きです。ここからの景色は、四季を通して癒されます。12月22日から1月6日、年末年始を燕岳で安全に心豊かに楽しんでいただくため、このメンバーで年末年始を頑張って参ります。

【年末年始登山へのご注意】
今回の入山時、私たちは第1ベンチからワカンを履きました。ピッケル、アイゼン、ワカンは冬山の必需品です。
※入山後は気温が-20℃まで下がりました。冬としては風がさほどなく助かりましたが、風が1m吹くと体感温度は1℃下がります。手や顔の防御をしっかりとして下さい。
※宮城ゲート前の駐車場は今年もお借りすることが出来ました。来年以降もお借りできるように、マナー良くご利用ください。満車の場合は、しゃくなげ荘の駐車場か、穂高駅周辺の駐車場をご利用いただきタクシーでゲートまでお越し下さい。
※登山届はゲートの入り口にあります。必ずご記入ください。


【雑誌掲載のお知らせ】
「山と渓谷」1月号の“特集年末年始の山”に北アルプス燕岳と燕山荘の様子が掲載されています。



写真:赤沼健至  河地清人   リポート:赤沼健至

燕山荘通信へ戻る

燕山荘のページへ

燕山荘トップへ