◆燕山荘通信・神々しい輝き◆
H24.11.16 更新


吹雪が続き、積雪がかなり増えました。
現在、登山口から雪があり合戦小屋で80㎝程、その上は1m以上の積雪があります。
合戦小屋上部の三角点からは冬ルート(尾根上のルート)になりました。
一応、目印の赤い旗は立てていますが、降雪や風によりトレースは消えている事があります。

15日の午後、1時間ほどでしたが景色を見ることができました。
束の間の晴れ間に見る山は、神々しい輝きを放ち、とてもまぶしかったです。
完全に冬の装いになりました。
この気温が低く身が引き締まるような空気感や真っ白い世界は雪山にしかない魅力ですね。


燕山荘まわりの積雪も増え、喫茶室の窓はほぼ埋まりました。
去年のこの頃は積雪が少なかったので、なんだか多く感じます。
毎年、雪の降り方や積り方が違い、予想のできない楽しみがあります。





写真・リポート   井村 克彦

燕山荘通信へ戻る

燕山荘のページへ

燕山荘トップへ