◆燕山荘通信・燕山荘アルプス銀座縦走ツアー◆
H24.9.26 更新


毎年9月下旬に実施しています、アルプス銀座を歩きながら
燕山荘グループの山小屋に泊まり槍ヶ岳に登頂するツアーを、今年も行いました。


槍ヶ岳をバックに


【合戦尾根の紅葉  9月22日】
合戦尾根の紅葉は、燕岳から下におりてくるのではなく、2,350mの合戦小屋から徐々に燕岳まで上がっていきます。


【燕山荘出発  9月23日】

何羽いるかわかりますか? ライチョウを見ています。
「今日はライチョウ君に会えますよ」ガイドの河地が皆さんに確約するように言いました。
強い雨ではありませんでしたが、1時間出発を遅らせて燕山荘を9時出発。大天井岳に登頂するまでの間に、なんと15羽のライチョウに会いました。


【大天荘出発  9月24日】




なかなか晴れない中、ヒュッテ大槍に向け出発。晴れたら最高の稜線歩きが楽しめるはずなのですが、午前中は小雨。今日もライチョウさんが顔を出してくれ、全部で6羽、二日間で21羽も顔を見せてくれました。


【槍ヶ岳登頂】





ヒュッテ大槍に荷物を置いて出発する頃には雨も徐々にやみ、登頂するとブロッケンが迎えてくれました。おっかなびっくりの岩登り初心者も、下り切る頃には岩登りに慣れて余裕も。ヒュッテ大槍の夕食で登頂を祝福しあいました。


【今回のスタッフ】
左より、
大天荘榊寛昭、燕山荘井村克彦 グループ代表赤沼健至、ヒュッテ大槍猪股賢一、燕山荘河地清人


【槍沢の様子  9月25日】

ヒュッテ大槍からの常念岳と滝雲


槍沢の紅葉

槍沢の大曲にはまだ残雪があり、周辺には春、夏、秋の花が咲いて、花好きには楽しい驚きでした。紅葉は、燕岳の稜線と違い、谷筋なので一週間は遅れそうです。水が随分と涸れてきた槍沢には大きな岩魚がたくさん見られました。

写真:リポート  赤沼健至

燕山荘通信へ戻る

燕山荘のページへ

燕山荘トップへ