◆燕山荘通信・2012ファミリー登山教室開催致しました◆
H24.8.22 更新


たくさんのお子様に、ご家族と一緒に自然に親しみ、山を楽しんでいただきたいと企画し今年で9年目を迎える燕山荘オリジナルイベント「ファミリー登山教室」。今年も3回の催行を無事に終了いたしました。
「独身時代に見た燕岳がきれいだったので子供にも見せてあげたかったんです」
「上司にファミリー登山は燕山荘が一番いいよと勧めてもらいました」
初めて履く登山靴、初めての登山、初めての山小屋…皆さんわくわく、どきどきなお気持でご参加なさったようです。



「親子の絆です」
お父さん、お母さんも頑張りました。声を掛け合って、手をとりながら登りました。
合戦小屋ではお昼ごはんをご家族皆さんで作りました。「ラーメン、とってもおいしかった!」

合戦小屋に到着。まずはスイカで一息入れて、

親子でクッキング

親子で手をとりながら登りました


「私も登った、僕も登れた、みんなでヤッホー!」
「頑張って登ったからこんな景色が見れるんですね。」
登頂の感動は大人になってもきっと忘れないでしょう。みなさん満面の笑顔でした。高さがちょっと苦手なお子様もいらっしゃいましたが、全員で登頂できました。山登りは、ゆっくりお話ができるくらいのスピードで登ります。ゆっくり登れば皆元気に標高2,763mの燕岳にも登頂できるんです。

燕岳山頂へ向かいます

燕岳に登頂


燕山荘赤沼から登頂証明書をプレゼント


燕岳をバックに登頂証明書をもって記念撮影


「山は自然観察の教室です」
燕岳周辺の岩を見て、
「あつ、ほんとうにイルカのかたちだね」「こっちはゴリラだ!」「ライチョウさんかわいい」
燕山荘グループ代表赤沼より自然環境のお話もさせていただきました。
赤沼「クマさんと目が合っちゃったんだよ」子どもたち「しんじられなーい」「こわくないの?」
「ここに咲いているお花は知恵を使ってこの高さの山でも生きているんだよ。皆さんも知恵を一杯つかって生きてくださいね。」こどもたち「…」ちょっと難しかったかな?
お花も、動物たちも、皆さんの自然を大切にする気持ちで守られています。ゴミは持ち帰る、登山道からはずれないー安全に登山をするためにも皆で守ってくださいね。

雨にも負けず頑張って登ったらとても珍しいブロッケン現象を見ることができました。

自然教室


【いつのまにか仲良くなりました】
アルプス一万尺を踊っていました 三兄弟みたいです。
「雨でぬれたけど、山はおもしろかったよ」お子様の素直なお声を伺いました。「山で友達ができました」子供たちはすぐに仲良くなります。大人も、山ママ、山パパ同志お話がはずみました。燕山荘では、ファミリーで登っていただいて、いい思い出になるよう心がけております。ご参加の皆さまありがとうございました。

〈ガイド〉
第1回8月12日~13日 燕山荘 赤沼健至、林 正美、佐藤大史、特別講師植松晃岳氏
第2回8月14日~15日 燕山荘 赤沼健至、林 正美、天渓 赤沼敏治
第3回8月18日~19日 燕山荘 赤沼健至、林 正美、本野貴洋
〈写真撮影〉 赤沼健至、佐藤大史、林 正美
〈リポート〉  林 正美


燕山荘通信へ戻る

燕山荘のページへ

燕山荘トップへ