◆燕山荘通信・眩しい新緑が標高2,000メートルまですすんでいます◆
H24.6.10 更新


山は、新緑がまぶしい季節になりました。現在は標高2,000m周辺まですすんでいます。合戦小屋から上の残雪も、毎日すごい勢いで融けていて、尾根筋のハイマツなどもだいぶ出てきました。そんな中、今年初めての学校登山と最終回の春山登山教室があり、たくさんの方達が登ってきてくださいました。

【まぶしい新緑と可憐な花】







イワカガミ

コオミヤマカタバミ

イワナシ

【燕山荘周辺の残雪の状況】
合戦小屋から上の残雪もどんどん融けています。昨日の雨でもさらに雪融けが進んでいます。
登るルートも雪融けに合わせて変わるので、その都度雪を切ったり目印の旗を付け替えたりしています。

〈燕山荘下〉  まだまだ雪はありますが、状況は日々変わっています。


【第7回春山登山教室】
6月2日~3日、今シーズン最終の春山登山教室を開催いたしました。 ゴールデンウィーク頃の完全な雪山と比べると、残雪の山といった趣で危険が少ないように見えますが、実は、雪はザラメでよく滑り氷の層もでてくるこの時期は、意外と滑落など油断はできません。ということで、今回もしっかり練習していただきました。
一番気を付けるのは転ばないように歩くこと。アイゼンを付けての歩行は慎重に。


第7回教室にご参加いただいた皆様。ありがとうございました。
今回で2012年度春山登山教室を全て終了いたしました。
ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。

ガイド:  井村克彦   榊 寛昭


【自由学園の皆さん】
6月7日、今年初めての学校登山で、東京にある自由学園女子部(高等科)の皆さんが登って来られました。まだまだ雪が残っているなかでの団体登山は大変だったと思いますが、天候に恵まれた二日間になりました。三年ぶりのご来荘、ありがとうございました。

燕岳をバックに



撮影・リポート   井村克彦

燕山荘通信へ戻る

燕山荘のページへ

燕山荘トップへ