◆燕山荘通信・雪の中から燕山荘が現れてきました◆
H24.5.16 更新


屋根の上まであった雪を、スタッフが除雪して、やっと燕山荘全体が姿を見せてくれました。
全て手作業のため、スタッフは大変ですが、なぜか皆な楽しそうに黙々と作業をしています。



志賀高原横手山近くから上がるご来光

4時45分頃、ご来光は、志賀高原の横手山近くから上がり、日の入りは18時35分頃、水晶岳と野口五郎岳の間に沈みます。雪山なのにだいぶ日が長くなっているのだな、と感じます。



奥穂高岳


イルカ岩


5月12日は、一日中氷点下、日中でも-3,2℃でしたが、風も強くなく、お日様が当たると暖かく感じられました。まだまだ北アルプスの冬山は続きます。装備には十分に注意してください。
今年の山は、黄砂も少なく、とにかくきれいです。

撮影・リポート   赤沼健至      


燕山荘通信へ戻る

燕山荘のページへ

燕山荘トップへ