◆燕山荘通信・第3回冬期燕岳登頂ツアー◆
H24.1.5 更新

4年連続大荒れの天候が続いた年末の登山でしたが、
今年の燕岳はとびきりの笑顔で迎えてくれました。

【1日目】





〈合戦尾根〉
燕岳登山を数倍楽しませてくれるのが合戦尾根です。
「感動の連続です」「すごい」「来てよかった」
三角点からの眺めに皆さんの感動の気持ちが伝わりました。

燕山荘に着いた時は、槍・穂高連峰はもちろん、全ての山が一望出来ました。

〈登頂〉

「明日、天気が悪くなるんですか?こんなに天気がいいのに」
スタッフの「これから山頂を目指します」の声に驚いた方もいらっしゃいました。
天気図を見ると、天気が変わりそうなので頂上へ出発。


登頂

頂上より北燕岳、立山、剣岳を望む
12月31日3:05、登頂。燕岳登山口を7:30に出発してから7時間半、全員、冬期燕岳に登頂を果たしました。

【2日目】
〈吹雪の中での講習〉〉

〈天気図の講習他〉
ツアー登山で燕山荘に2泊するにはわけがあります。最近の冬の天気は、3日間のうち、1日は晴れる確率が高いからです。天気の悪い時は、山荘内でとっておきの講座を行います。
そして、年末年始のツアーならではの特典、「吹雪の中での講習後のお餅は最高の味でした」

〈下山〉
7:30下山時の注意を聞いた後出発。登山口には11:00には到着しました。
「このツアーに参加すると皆なと仲良しになれるんですよ」
「ガイドさんや、オーナーのお話が面白かったり、勉強になったり、冬山が楽しいです」
3回も参加いただいたお客様もいらっしゃいました。
次回、最後の冬期ツアーは1月7日~9日の日程です。


担当ガイド:赤沼健至  赤沼敏治  井村克彦  大蔵喜福氏
写真:赤沼健至  井村克彦    リポート:赤沼健至


燕山荘通信へ戻る

燕山荘のページへ

燕山荘トップへ