◆燕山荘通信・「こんなに素晴らしい景色とケーキ、本当にラッキーです。」◆
H23.12.23 更新

23日は冬型の天気予報でしたが、思いのほか一日を通して晴れ、燕岳がきれいに姿を見せてくれました。山荘では、クリスマスイベントのケーキとワインで盛り上がりました。
「こんな素晴らしい景色とケーキ、本当にラッキーです。」お客様は大変喜んでいらっしゃいました。

【一日を通して晴れました】

燕岳



「山の上のケーキに感動です」  燕山荘厨房主任大嶽作


23日は午後もお天気が良く、夕焼けの写真も撮れました。日中も松本市までよく見えました。
日の入りは4時35分ごろです。

緑色のロープは、冬道を通って燕山荘玄関までへの目印です。


【23日~25日は燕山荘のクリスマス】
「苦労してのぼったけど、最高のホワイトクリスマスです!」
燕山荘のクリスマスでは、お客様に厨房主任大嶽の特性クリスマスケーキとワインのサービスでお楽しみいただいています。ツアー登山で登ってこられた方も、個人で登ってこられた方も、雪山と山小屋でのクリスマスを満喫していらっしゃいました。
こたつとみかんと、温かいスタッフがお待ちしてます。


※登山道の様子は、日々刻々と変わります。吹雪や大雪の時は、場合によってはスタッフのトレース付けができないこともあります。状況等は直接山荘まで(090-1420-0008)お問い合わせください。
※燕岳登山口までの山岳道路(中房線)約13キロ区間は、冬のあいだバス・タクシー含め全ての車両が通行できません。登山口までは、「宮城ゲート」より約4時間前後徒歩によるアプローチが必要になります。
※今の時期の日没は午後4時30分です。遅くとも午後2時までに合戦小屋を通過してください。

写真:榊 寛昭  林 正美  江口由香里    リポート:林 正美  江口由香里    

燕山荘通信へ戻る

燕山荘のページへ

燕山荘トップへ