◆燕山荘通信・輝く雪の世界が始まりました◆
H23.11.23 更新


いよいよ輝く雪の世界が始まりました。
19日に雨が降り一度全部雪が解けましたが、20、21日に雪になり素晴らしい白銀の世界となりました。本格的な積雪は第三ベンチからで、合戦小屋で約30cm、小屋周りで約50cmです。
22日は天候が回復して日の出を見ることができました。
燕山荘、有明荘の営業は11月26日のご宿泊まで、中房線のバスの運行は23日までとなります。

【22日  日の出】

6時30分。気温は氷点下13度くらいです。
     木には樹氷がびっしり付いていて、きれいな御来光でした。


【雪化粧した燕岳】

例年と比べればまだまだ少ないですが、先週より雪山らしくなった感じです。



山頂方面の様子


【寒さに耐える燕山荘】

日中も気温は-8度くらいで、小屋も凍りついたままでした。


【外ベンチ】

外ベンチも半分埋まってしまいました。


【冬ルート】

山荘直下は冬ルートになりました。
     これは冬ルート山荘への最後の登りです。

今回はそこそこの積雪もあり凍っている箇所もあるので、アイゼンを履いて上下山されている方が多く見受けられました。これからは風や寒さに対応できる冬山の装備でお越しください。

写真:リポート    井村克彦

燕山荘通信へ戻る

燕山荘のページへ

燕山荘トップへ