◆燕山荘通信・アルプス銀座縦走ツアー◆
H23.10.7 更新


雄大な天空の遊歩道を燕山荘スタッフと共にお楽しみいただく恒例のアルプス銀座縦走ツアーを9月24日~27日、開催いたしました。燕山荘グループの、燕山荘、大天荘、ヒュッテ大槍にお泊り頂き、初秋の槍ヶ岳を目指しました。ご参加頂いた皆様全員が槍ヶ岳の山頂に立つことができました。



9月26日 槍ヶ岳登頂



25日、燕山荘から大天井へ
     今年は、燕山荘を朝出発して大天荘から東天井岳を往復する「Aコース」と
     午前中は燕岳山頂に行ったりして午後ゆっくり大天荘へ向かう「Bコース」に分かれました。


「Aコース」大天井岳稜線を東天井へ向かいます。


26日は皆そろって大天荘を出発、いざ槍ヶ岳へ。


ビックリ平付近にて
天上沢を挟んで槍ヶ岳が目の前です。
目の前ですが登るには西岳から東鎌尾根を通って・・・、まだまだ先です。

西岳にて、これから通る岩場、クサリ場、
ハシゴ等の注意点を説明。

東鎌尾根を下る。


水俣乗越を過ぎて後はひたすら登るだけ。
槍ヶ岳も近づいてきました。

ヒュッテ大槍も近くなり、槍が迫ってきます。



ヒュッテ大槍から槍ヶ岳山頂へ向かう途中
ガスがかかって山頂付近は見えないですが岩稜ごしに見る北鎌尾根に迫力があります。
否応なしに緊張感が高まってきます。

山頂への登りはガスの中。



槍ヶ岳山頂へ到達。
しばらくするとガスがきれまわりの山が見えてきました。皆さん写真を撮るのに大忙しです。

山頂から下りてきて振り返った槍ヶ岳。
登る前とは違った気持ちで眺めたことでしょう。


槍ヶ岳山荘付近から見た、尾根の上に建つヒュッテ大槍。奥は常念岳。帰りは槍沢を下って殺生ヒュッテ経由で行きます。

ヒュッテ大槍からの景色。

ヒュッテ大槍に帰ってきて槍ヶ岳を見ると、雲が夕陽で赤くなりとてもきれいでした。
小屋に入り、ワインで乾杯です。ご参加いただいた皆様本当にありがとうございました。


ガイド:赤沼健至(大天荘まで)   井村克彦  河地清人  榊寛昭(大天荘から)
写真:リポート    井村克彦



燕山荘通信へ戻る

燕山荘のページへ

燕山荘トップへ