◆燕山荘通信・快晴となった敬老の日の連休2◆
H23.9.23 更新


秋は気温が低くなるため、晴れ渡り、山を一日中楽しめるのが魅力です。
台風や秋雨前線の活発な時を外せば、素晴らしい山との出会いがあります。

【燕岳登山】


「生ビールやケーキを楽しみながらゆっくりきれいな景色を味わえるのが最高ですね。」
今年は若い人やテントの方々も多く燕岳を楽しまれていました。

【若いカップル】
昨年まで一緒に働いていた仲間が結婚しました。朗報にスタッフ全員お祝の記念スナップを。


【道なおし】
合戦小屋から第三ベンチや第二ベンチまで、この丸太をかついで道なおしに出かけています。台風がきて雨が多くなると道が川になってしまうので、水道(みずみち)を作るのもスタッフの仕事です。




【若い人たちへ】
今年も若い方々が多く登ってこられました。山がオシャレでカラフルになり本当に嬉しいことです。これから山は紅葉の季節を迎え、10月からは雪が降る、冬山となります。昨日も気温が0度になっています。氷が張るようになりますので、スカートや短パン等の軽装は身体を冷やし、高山症状がでる要因にもなります。これからの登山は、暖かい装備で山をお楽しみください。



写真・リポート    赤沼健至

燕山荘通信へ戻る

燕山荘のページへ

燕山荘トップへ