◆燕山荘通信・花鳥風月◆
H23.8.19 更新


【日の入り】




気がつくと8月も下旬となってきました。
例年と比べて、夕陽を見る機会が少なかった気がします。

【ご来光と月】
月の移動が速いので、ご来光と満月の両方が楽しめる朝はなかなかタイミングが合わないことがあります。合えば感動の朝となります。




【夏と秋の花】
ミヤマカラマツ

テガタチドリとハクサンボウフウ

ミヤマリンドウ

ミヤマアカバナ

ミヤマカラマツ

ハクサンフウロ 

ヤマハハコとキオン

ヤマハハコとカンチコウゾリナ ヤマハハコ
花もだいぶ秋の花がそろってきましたが、よく探すと残雪が遅くまで残っていたところでは、まだ、夏の花が咲いていて8月の山の楽しさを演出しています。


【花と昆虫】

ミヤマモンキチョウ

ミヤマモンキチョウ

スジグロシロチョウ

ヒメアカタテハ

クジャクチョウ

カメムシの仲間 ハナアブ
高山チョウは、2年がかりで成蝶になります。厳しい寒さを乗り越えただけに暖かく見守りたいものです。麓のチョウも風に乗って花の多い高山に登ってきます。蝶を見る一番いい季節です。


写真・リポート   赤沼 健至


燕山荘通信へ戻る

燕山荘のページへ

燕山荘トップへ