◆燕山荘通信・合戦小屋の様子◆
H23.6.14 更新


今年度より合戦小屋担当となりました、高橋です。昨年までは雷鳥のお便りも担当させて頂いておりましたが、今年からは合戦小屋の情報をお伝えしていきたいと思います。
今回は4月の小屋明けから先日までの内容をお伝えいたします。

(左)4月下旬 今年は雪も多く、小屋もずいぶん深く埋まっていました。
(右)除雪を進め、土間の入り口を開け、看板を取り付けました。

(左)屋根まで雪で埋まっています。
(右)GW中、外売店を開いてお客様をお迎えいたしました。

ドリップコーヒー、ホットミルク、缶ジュース、カップ麺などをご提供しております。
特に温かいコーヒーは皆様方にご好評でした。

合戦小屋のマスコット(?)八面大王を模した臼。記 念撮影スポットです。

5月も半ば過ぎ、雪も少なくなったかと思えば…、
一晩で膝の高さまで積りました。この時期、急激な天候の変化が起こることがあります。
山行計画、装備など、十分な準備をおすすめ致します。


(左)除雪が進み、土間を覆っていた雨戸を取り外しました。これで小屋の中もだいぶ明るくなりました。
(右)より快適なご利用のために、ベンチなどのメンテナンスを行っております。


今年も7月20日〜8月28日まで開設される、燕山荘 夏山診療所の薬品チェックに登ってこられた、順天 堂大学医学部山岳部の皆様。
夏山の安心・安全を支えていただいています。


合戦小屋といえば、夏のスイカのイメージがありますが、燕山荘グループの物流基地という側面も持っております。先日、4月の入山以来、初めての荷揚げが行われました。ヘリによる荷揚げをしてくれるのが、映画『岳』でも撮影に関わっていた、東邦航空の皆様です。(写真は4月入山時のもの)


ー合戦小屋、今後の予定ー
6月下旬、うどんの販売開始予定です。
7月(早ければ6月下旬)、スイカ販売開始予定です。
お楽しみに!

合戦小屋は標高2,350mにある休憩処です。これより先は樹林帯を抜け、風雨が直に影響してきます。
万全の準備のもと、快適な山行をお楽しみください。

写真:リポート  高橋 広平


燕山荘通信へ戻る

燕山荘のページへ

燕山荘トップへ