◆燕山荘通信・八十八歳の写真展◆
H23.6.11 更新


東京都港区六本木のミッドタウンにある富士フイルムフォトサロンで燕山荘相談役赤沼淳夫の写真展「燕岳と安曇野―四季の心象」が6月16日まで赤沼淳夫の写真のファンの方々によって開かれています。




今年八十八歳になる赤沼淳夫が生まれ育った所で、この度の写真展の作品になっている安曇野や燕岳は、現在放送中のNHK朝の連続ドラマの舞台となっている場所でもあり、タイミングの良い写真が多く、お客様は「素晴らしい、来てよかった。」と喜んでいただいていました。八十八歳の写真展は、長い富士フォトサロンの歴史でも珍しいそうです。

   
有名な山岳写真家の皆さまや、常連のお客様、あと一カ月で100歳になられる方にもお越しいただきました。本当にありがとうございます。
会場には本人不在ですが、お気軽にお越しいただければ幸いです。

燕山荘通信へ戻る

燕山荘のページへ

燕山荘トップへ