◆燕山荘通信・登山道の様子と五月晴れの中の登山◆
H23.5.19 更新


燕山荘ブログにも掲載しましたが、先週たくさんの雨が降ったことで、登山道の雪解けがさらに進んでいます。本格的な積雪は、第三ベンチより上部になります。日中晴れた日は、登っている最中など、若干汗ばむ陽気になりますが、それでも朝晩は氷点下の冷え込みになり、雪面は硬くなります。アイゼンとピッケルの携行をお願い致します。


「あこがれでした、この景色を見るのが」


【5月15日現在の登山道の様子】
第一ベンチ

第二ベンチ

第三ベンチ

第三ベンチ〜富士見ベンチ

富士見ベンチ

合戦小屋

合戦小屋〜合戦沢ノ頭

合戦沢ノ頭〜燕山荘

【第4回燕岳ビギナー春山登山教室】
5月14〜15日、1泊2日で春山登山教室を実施いたしました。初日の吹雪模様から一変、2日目は雲ひとつない快晴に恵まれるなど、目まぐるしく変わるこの時期の北アルプスの天気に皆さん大興奮でした。

〈燕岳をバックに〉


雪上講習 いざ燕山荘へ
「この5月の半ばでも雪が降るとは、想像もしていなかった・・・」
「衣類の調整が難しいね」
有明荘出発の際は青空広がる空模様に、「燕岳からの景色が楽しみ!」「日焼けに気をつけなきゃ」と、皆さん胸を躍らせていました。しかし、みるみる雲行きが怪しくなり、雪上講習時からは雪がちらつき始め、いざ合戦小屋を出て燕山荘に向かう頃には、見事な吹雪模様に。


夕食後、今回のガイドを担当しました燕山荘支配人井村が、山の天気や春山の注意点などお話させていただきました。

〈5月晴れ!〉
「あこがれでした、この景色を見るのが」 「自分でも登れるんだという自信がつきました!」
「コマクサが咲く時期にまた訪れたいですね」 後ろ髪ひかれる思いで、山頂をあとにしました。

春山登山教室は、残りあと3回になりました。皆様のご参加お待ち申し上げております。

ガイド:井村克彦  榊 寛昭     写真・リポート:榊 寛昭


燕山荘通信へ戻る

燕山荘のページへ

燕山荘トップへ