◆燕山荘通信・第3回春山登山教室開催◆
H23.5.14 更新


燕岳の麓 安曇野は、すっかり桜の木がピンクから初々しい緑色に変わり、徐々に初夏に向かっていますが、標高2,700メートル燕山荘周辺は、まだまだ沢山の雪に覆われています。ゴールデンウィーク終盤となった5月7〜8日開催の春山登山教室、多くの方にご参加頂きありがとうございました。


松本市 から安曇野と北アルプスを望む(5/9スタッフブログより)



【雪上技術訓練】
今回のガイド大蔵氏 燕山荘赤沼 天渓赤沼
登山教室1日目、合戦小屋上部で定番となりつつある滑落停止訓練です。そして雪のある時期は、“転倒しない”歩き方をマスターすることが重要です。

〈訓練終えていざ燕山荘へ〉
合戦小屋上部

山荘直下(背後は有明山と安曇野)

【山のマル秘話
今回の登山教室も、夕食後は燕山荘赤沼と特別ガイド大蔵氏による“山のマル秘話”で大いに盛り上がりました。
「山では、@風 A雨からいかに体を守るかが大切」という内容の話も。

【二日目、燕岳山頂へ】
山荘を出て間もなく霧が晴れ、北アルプスの山並みが一望できました。


ガイド:赤沼健至、赤沼敏治、榊 寛昭、 特別ガイド大蔵喜福氏
燕山荘主催の春山登山教室・夏の親子ファミリー登山教室・冬山登山教室の特別講師としておなじみの大蔵喜福さん。第1回〜3回の日程でガイドといろんなレクチャーをして頂きました。毎回いろんな切り口で、山に限らずアウトドア全般のノウハウをお話いただき、参加者の方のみならず山荘スタッフも大いに参考になるものがありました。どうぞまたよろしくお願い致します。

写真:赤沼健至   榊 寛昭        リポート:榊 寛昭   

燕山荘通信へ戻る

燕山荘のページへ

燕山荘トップへ