◆燕山荘通信・賑わった年末年始でした◆
H23.1.3 更新


燕岳周辺は、この年末年始予想以上に晴れ間が覗きました。
正月三が日は、毎日ご来光が拝めるお天気に恵まれ、
越年登山で訪れたお客様で、燕山荘は大いに賑わいました。



【年越し】
年越しそばと、

振舞酒で、気分は上々!

「この帽子はヒット商品間違いなし!」
売切れ寸前です…。
2010年最後の
オーナー赤沼によるアルプホルンの演奏
年の瀬恒例スタッフ紹介


【新年は燕岳でお餅つき】
見事に晴れ渡った1月2日、正月三が日恒例のお餅つきを、燕岳をバックに盛大に行いました。
キーンと冷えた空気ではありましたが、お客様やオーナー赤沼のお餅つきと周りの歓声で、
燕山荘は熱気に包まれました。


天渓オーナー赤沼敏治のつき方は一流

風雪の日は小屋の中で。

「つき立てのお餅は最高!」
やはりこの人の食べっぷりは最高!年末年始の冬季燕岳登頂ガイドツアーで特別講師の大蔵喜福さん。

【時には厳かに。ご常連のお客様によるお茶会】
年末年始ほぼ毎年お越し頂くこのお二人には、いつも新年のお茶をたてて頂いています。賑やかさをほこる越年の燕山荘にあって、この時はしばし厳かな雰囲気に包まれ、心が洗われる思いです。



●冬の稜線上は天候の急変に十分な注意が必要です。小まめに最新の気象情報をご覧いただき、無理のない山行計画をお立て願います。

●特に合戦小屋から上部の稜線は風が非常に強く吹きやすい所です。そういった場所では、顔や手足などの末梢神経が集中する部分は凍傷にかかりやすくなります。フェイスマスクや厚手の手袋の用意など、防寒対策をお忘れなく。

●新年の営業は、1月9日(日)のご宿泊までとなります。


 写真:高橋広平、佐藤大史、榊 寛昭     リポート:榊 寛昭   

燕山荘通信へ戻る

燕山荘トップへ