◆燕山荘通信・雷鳥通信C◆
H22.11.19 更新


厳冬期、その姿を純白に染めるライチョウ。
完全な純白まであと少しなのですが、撮影する機会が限られてきたので、
現状の姿をお届け致します。


日の出の少し前、まだ暗い中、ライチョウがその日の活動を開始します。

左から…、メス、オス、オスの3羽でこの日は現れました。
この後、さらにメス1羽を加え、計4羽で飛び立っていきました。
オスの換羽はメスよりも少々遅いため、小屋閉めまでにはまだ真っ白にはならないと思いますが、
あと数日で純白のメスには会えるかもしれません。


去年の小屋閉め直前のメス

今年は「今日の雷鳥」改め、4回の「雷鳥通信」をお届けいたしましたが、来年はもう少し頻繁に更新していきたいと思います。ご覧いただいた皆様、誠にありがとうございました。

写真・リポート    高橋広平

燕山荘通信へ戻る

燕山荘トップへ