◆燕山荘通信・夕日の輝き◆
H22.10.19 更新



【10月16日の夕日】
冬に向かい、太陽がだいぶ槍ヶ岳近くに沈むようになりました。思わず手を合わせる光景が見られる季節です。木々の葉は落ちてしまいましたが、澄んだ大自然のサウンドを心ゆくまでお聞きください。



日没  17:06


17:17

10月16日の日の入りは槍ヶ岳から裏銀座の山々を赤く染めて沈みました。上空に雲のある時は、日の入りを見てすぐに山荘に入らないでください。素晴らしい大自然のドラマが10分後に現れました。

【カラ松の紅葉】


落葉樹の葉はすべて落ち、カラ松の紅葉が主役となりました。外の気温は朝晩マイナスになってきています。

【暖かい10月】


例年ならとっくに雪がきているのですが、暖かな10月を楽しむ、山ガールのみなさんが多く見られます。暖かいといっても標高2600メートルを超える北アルプスの山です。寒さに対応できる服装で登ってきてください。

【思い出会】
燕山荘グループ天渓ツアーで海外旅行を楽しまれた方々の思い出会が、ここ数回続けて開かれています。スイス、ツール・ド・モンブラン、カナダ、マチュピチュ、ヒマラヤ等、いろいろなツアーに参加されて仲良くなられた方々もいらっしゃり、海外の楽しい話題が尽きない思い出会でした。

燕山荘グループのヒュッテ大槍は10月10日に、大天荘は10月16日に、今シーズンの営業を終了いたしました。今シーズンも多くの皆さまにご利用いただきまして誠にありがとうございました。心から御礼申し上げます。燕山荘と只今紅葉が見頃の有明荘は11月23日のお泊りまで営業いたします。


写真・リポート    赤沼 健至   

燕山荘通信へ戻る

燕山荘トップへ