◆燕山荘通信・大天荘のランプの夕べ◆
H22.10.2 更新



燕山荘グループの山小屋大天荘では、毎週日曜日夕食後の食堂で、スタッフが地元の民話を朗読する「ランプの夕べ」を行っています。紅葉まじかの9月下旬大天荘、大天井岳をたずねました。

【大天荘スタッフ朗読による「ランプの夕べ」】





【天候が変わる前に出る雲
26日の日曜日、西の空一杯にうろこ雲が出始め天気が変わる兆しがでている中、大天井岳を目指しました。案の定3時間後には雨となりました。

【大下り付近の紅葉】


【七羽の雷鳥



ウラシマツツジの実 クロマメのキの実
「雷鳥がいますよ。」と常連のお客様に声をかけられました。見ると大人の中に今年生まれた雷鳥も混ざり、7羽の雷鳥と出会うことができました。ウラシマツツジやクロマメノキの実をついばんでいました。

【大天荘の夕食】


大天荘の夕食は、お魚かお肉かを選んでいただけます。
毎年、9月最後の土曜日は、地元穂高神社の秋祭りにちなみ、燕山荘グループの各山小屋では、地酒とスタッフの特別料理をお出ししています。大天荘の支配人榊は山形県との縁があり、得意の芋煮を披露しました。大好評で三杯もお代りをされるお客様もいらっしゃいました。


写真・文   赤沼健至

燕山荘通信へ戻る

燕山荘トップへ