◆燕山荘通信・燕岳クラシックコンサート◆
H22.8.31 更新


26回目を迎える燕山荘恒例のイベント、燕岳クラシックコンサートを、
今年も8月第4土曜日の28日に行いました。
松本に本部のある、国際スズキ・メソード音楽院の皆さんによる
バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスの弦楽演奏会です。


専門学校 国際スズキ・メソード音楽院の皆さん


コンサートを楽しみに登ってくださった会場一杯のお客様
「楽しいイベントを企画していただいてありがとう。」
「燕山荘HPでこのコンサートの様子を知り、ずっと聴きたいと思っていました。青森から来ましたが、本当に楽しかったです。夢が実現しました。」
「毎年、この企画だけは外せません。全員で歌う『早春賦(安曇野穂高で生まれた曲です)』はいつも演奏者の方達と一体になれて楽しみです。」

【コンサートの前に】
燕山荘赤沼もホルンで参加 スズキメソード事務局佐々木さんのご挨拶

【いよいよコンサート】

コンサートマスターの網さん

バイオリン崔さん

バイオリンの佐藤さん

ビオラの福田さん

チェロの山田さん


コントラバス&総合司会
最多16回出演の嘉納さん



J.ハイドンのチェロ協奏曲第一番
今年のプログラムには珍しくチェロの協奏曲も組み込まれました。


【特別出演】
特別出演の根津葵さん
松本市在住、スズキメソードでバイオリンを習われている葵さん(10歳)は、山が大好きで自分で楽器を背負って登ってこられました。演奏前にきちんと、コンサートマスターの網さんにご挨拶。
演奏はバッハのバイオリンコンチェルト第一楽章。見事な演奏でした。





演奏者の皆さま
2010年コンサート、プログラムは、モーツァルトのディベルティメントから始まり、バッハの弦楽組曲、チャイコフスキーの弦楽セレナーデなど、今年も楽しく心が癒される素敵な演奏会でした。
演奏者の皆さま、本当にありがとうございました。
そして、お越しいただいたたくさんのお客様、本当にありがとうございました。



演奏者の皆さんと燕山荘のスタッフ
毎年、このコンサートが終了すると夏から秋へ、季節の移ろいを感じます。

【一夜あけて】

四阿山からのご来光

八ヶ岳、富士山、南アルプス遠望

お月様も顔を出していました。

【下山】
清々しい快晴。サンルームでティータイム、記念撮影をして・・・下山の途に。
今年も、本当に素敵な演奏会をありがとうございました。
来年、2011年8月第4週の土曜日を、今から楽しみにしています。

【コンサート常連のお客様】
小島さんご一家は、このコンサートが大好きで、
今年で4回目のご参加でした。

燕岳が大好きな柳さんご一家。コンサートがあると知って、連泊して聴いてくださいました。



【順天堂大学医学部山岳部夏山診療所、診療納め】
開設の日 7月19日 診療納め 8月29日
今年も夏山最盛期の約一カ月半、診療所の先生方、学生さん、看護師の皆さんには大変お世話になりましてありがとうございました。例年クラシックコンサートの翌日、診療納めになりますが、今年も最後の最後まで、本当にお世話になり心から感謝申し上げます。

写真・リポート    赤沼健至   工藤佑斗
燕山荘通信へ戻る

燕山荘トップへ