◆燕山荘通信・第3回ファミリー登山教室開催◆
H22.8.24 更新


夏休み、みんなで登った ファミリー登山!!!
燕山荘企画「親子ファミリー登山教室」最終回を8月21日〜22日に実施いたしました。
今回は、山好きなお父さんやお孫さんを是非燕岳に連れて行きたいというおじい様達が、ご家族を連れて参加されました。天候に恵まれた二日間、ご家族全員で自然を体いっぱいに感じていただけたようです。
今回もスペシャルガイドに大蔵喜福氏をお迎えしました。


8月22日 快晴の中、燕岳登頂


イルカ岩と燕山荘

【登山道で・・・いろいろなものに出会いました】
登山道でトンボやおもしろいきのこ、カミキリムシ、などを発見。いろんな生き物がいたね。

【合戦小屋で親子クッキングの昼食タイム】  

合戦小屋名物のスイカを手に

合戦小屋では、名物のスイカと大蔵先生レシピの「元気モリモリラーメン」を家族ごとに作ってモリモリ食べました。食後は燕山荘オーナー赤沼から自然を大切にするためのルールをお話させていただきました。みんな興味津々で聴いてくださいました。とくにクマさんのお話に大笑い。

【全員元気に燕山荘に到着】
燕山荘赤沼から記念品プレゼント 大蔵先生の青空教室
全員元気に燕山荘に到着。
すぐに休まず、まずは深呼吸をしましょう。山の空気はおいしいよ。山の高さに慣れるように最低1時間は軽くお散歩します。

そして大蔵先生の青空教室です。
「この笹はなんで一直線に穴があいているのかな?」
「だれかか針であなを開けたんだよ」「…?」
「人が山にゴミを置いていくとネズミが来るよ。ネズミが来ちゃうと次はなにが来ると思う?」
「やっぱりネコだよ!」
「山の中では街中とはちょっとちがうんだな…」「ネズミがくるとキツネが山に上がってくるようになるんだ。そしてそのキツネがライチョウを食べるようになってしまうんだ。」
※山にゴミを捨てると、植物や動物の生態系に影響を与えてしまいます。可愛いからとキツネやサルに餌を与えると、ライチョウさん達の生態系が壊れます。山の中の貴重な動物や植物を守るためにも、人と野生動物が共存するためにも、ゴミや生ゴミは出さないようにご協力をお願いします。


【ご来光】
ご来光も初体験。太陽ってすごい!山が赤くなるんだね。

【燕岳登頂】

燕岳に向かって



登頂後、槍ヶ岳をバックに記念撮影

【アルペンホルンに初挑戦、そして、燕岳登頂証明書贈呈式】


鳥さんの声や風の音を聴き、木や草、動物、昆虫に親しみ、自分自身で自然を感じると、自然を守りたいなぁという気持ちが自然に湧き上がってくると思います。「山って偉いなぁ」とつぶやいたお子さんがいらっしゃいました。
2010年ファミリー登山教室にご参加いただいたご家族の皆様ありがとうございました。
登山教室で、ご家族の夏休みの思い出をたくさん作っていただけましたでしょうか?
燕山荘はこれからも、たくさんの方に山に入って感動していただくお手伝いをしていきたいと思います。 
どうぞよろしくお願いいたします。

〈担当ガイド〉
燕山荘   赤沼健至   林 正美  宮崎專輔
特別講師  大蔵喜福氏


写真・リポート     林  正美    赤沼健至

燕山荘通信へ戻る

燕山荘トップへ