◆燕山荘通信・燕山荘からのご来光◆
H22.8.10更新


ご来光にも幻想的なご来光と迫力あるご来光があります。
連泊された方は、一日違いで両方を見ることができ大喜びでした。
【8月7日のご来光】

幻想的なご来光

ご来光前の三日月

朝日を浴びる花々

【8月8日のご来光】

龍が睨みをきかせたような姿からご来光が始まりました。

浅間山の上が赤く染まる。

空全体が赤々と燃えるようなご来光でした。

後ろを振り向くと奥穂高岳から虹が立ち上がっていました。

ご来光の余韻のあと、さらに槍ヶ岳がきれいに光始めました。コマクサもまだまだ元気に咲いています。

【親子三代】
順天堂大学医学部山岳部OBの大友先生(78歳)が、同じくOBの息子さん、お孫さんと親子三代でお見えになりました。お孫さんと同じくらいの年に、私も先生に可愛がっていただきました。


写真・リポート    赤沼健至

燕山荘通信へ戻る

燕山荘トップへ