◆ 連休中のビギナー春山登山教室 ◆
H22.5.7更新

5月1日から4日にかけて行われた登山教室、各回ともいいお天気に恵まれ、
多数の方にご参加いただきました。




5月1日からのコースでは、登山家大蔵喜福氏を特別講師に迎えて、より中身の濃い教室が行われました。大蔵さんは、エベレストをはじめとする8,000メートル峰やマッキンリーなど難度ある登頂を多数経験されてきた登山家です。

「雪の上では、滑りだすと止まりにくいことがよくわかりました!」
「本で見るのと実際やるのとでは大違い。ためになりました。」
合戦小屋の上部で、雪上歩行と滑落停止の訓練を受けられた参加者の皆さん、真剣そのものです。
わずか2時間足らずで、雪上でのバランスの取り方が見違えました。

「緊張したけど、真剣みが増して、いい経験ができました。」
さらに稜線に出てから、各自ロープで確保しての、さながら“本番”に近いかたちで、おさらいを。



燕山荘までの残りの道のり、皆さん一歩一歩訓練の成果を噛みしめるように歩いていきました。

燕岳登頂は朝。いずれの回も晴天に恵まれ、気持いい朝の山頂アタックとなりました。


第3回ツアーの皆さん


第4回ツアーの皆さん


第5回ツアーの皆さん


「これ見たらやみつきになるよな!」

「初めての北アルプス、憧れの槍・穂高・剣が見れて幸せです。」
ビギナー春山登山教室、連休中も多数のご参加ありがとうございました。

雪のある時期の登山は、転ばずに滑らずに歩くこと、これがまず基本になります。
これからも安全で楽しい雪山歩きが続けられることをせつに願います。
「ビギナー春山登山教室」はこの後、5月15日、22日、29日、6月5日の4回開催いたします。
雪山に興味のある方、この時期の燕岳に興味のある方、ご参加お待ちしております。

ガイド:大蔵 喜福氏(特別講師)、赤沼健至、赤沼 敏治、小山 秀樹、本野 貴洋、榊 寛昭
写真:小山 秀樹、榊 寛昭

燕山荘通信へ戻る

燕山荘トップへ