■春山は刻々と状況が変わります■
H22.4.29更新

27日は吹雪、28日は天気が回復して青空が広がりました。
今日29日は寒冷前線の通過でまた吹雪いています。
状況は日々変わりますので、お出かけの直前に燕山荘までお問い合わせください。

【4月28日燕山荘周辺の様子】

燕山荘玄関前から燕岳を望む


燕岳方面
湿った雪が降ったので
稜線の西側も真っ白になりました。


縦走路も同じです。




合戦尾根もトレースがなくなったのでスタッフが道をつけにいきました。場所によっては太ももくらいのラッセルで、ワカンが役に立ちました。降雪中や直後でなければスタッフがトレースをつけています。



ダケカンバと燕岳
    穏やかな青空が広がりました。



水晶岳に沈む夕日

【安全な春山登山のために(2010年度)】 
1.今年は雪が多く固くしまっていますので、アイゼン、ピッケルは必ずお持ちください。
2.第2ベンチから合戦小屋までの間でも気を緩めないで下さい。
3.グリセードや尻セードをすると、後の方が真似をします。必ずルート上を歩いて下さい。
4.大天井岳は必ず頂上へ登ってから常念方面へ縦走願います。夏道に入ると危険です。
  (トレースをつけたり、また、トレースがあっても夏道に入らないでください。)

写真・リポート    井村克彦

燕山荘通信

燕山荘トップへ