■穏やかな天候が続いています■
H21.12.29 更新

例年、この時期は“西高東低の冬型の気圧配置”に覆われ、
北アルプス界隈は雪の日が多いのが特徴ですが、ここ数日は晴れの日が多く、
冬とは思えない穏やかな日が続きました。
12月26日〜28日には第2回燕岳登頂登山教室を開催いたしました。


イルカ岩

【晴れの日だからこそ、朝・昼・夕といろんな山がいろんな表情を見せてくれます】
〈朝〉

朝日を浴びる雲海

八ヶ岳から昇る御来光

合戦尾根の雪煙

〈昼〉
槍ケ岳


松本市内と八ヶ岳遠望

〈夕方〉
燕岳とシュカブラ

烈風吹きすさぶ槍ヶ岳


今のところ、年末年始はお天気が目まぐるしく変わるようです。お越しになられる予定の方は、直前までよく気象情報をご覧いただき、最新の情報で山行計画を立てていただきますようにお願いいたします。


【第2回燕岳冬山登山教室】
前回に続き今回の教室も、初日のお昼頃までは雪模様でしたが、その後はいい天気に恵まれ、
冬のこの時期に北アルプスの稜線に立てる喜びを体いっぱい感じられていました。

初日、雪模様の中を登る(燕山荘直下)

二日目、快晴の中、燕岳頂上へ向かう

燕岳頂上から燕山荘方向、メガネ岩を望む

燕岳に登頂

槍ケ岳も雄姿を見せてくれました。

充実した二日間に乾杯!

安全に冬山を楽しんで頂くための教室「冬の燕岳登山教室」は、
以後第3回12月31日〜1月2日、第4回1月3日〜5日(いずれも2泊3日)の2回を予定しております。
第2回ガイド  井村克彦  小山秀樹

事前に気象情報をご確認の上、アイゼン・ピッケル・わかんを必ず携行してお出かけください。
防寒対策もお忘れなく。特に手袋・帽子・サングラス・ゴーグルの装備は、しっかりしたものをご用意願います。
また、日が短く、日没は4時30分ですので、少なくとも合戦小屋を2時までに通過して下さい。ほとんどの方が合戦小屋から燕山荘までは2時間程かかっています。

※毎日ブログを更新していますので冬期燕山荘の様子をどうぞご覧ください。
(ブログの担当は今年度大天荘支配人で冬期営業責任者の榊寛昭です。大天荘のブログを引続き利用しております。)

写真・リポート     榊 寛昭   井村克彦

燕山荘通信