■いよいよ冬期営業が始まります■
H21.12.21更新

12月20日、冬期スタッフは23日からの冬期営業に向け燕山荘へ出発。
燕岳が大好きなメンバーが今年も勢揃いしました。


いきなり突風が吹き、冬の洗礼を浴びました。
燕岳登山口は−7℃。「キイター。オー寒い」

第一ベンチ(積雪40p)
早朝出発だったため第一ベンチで腹ごしらえ。前日ラッセルしておいたため楽に進めます。

第二ベンチ(積雪60p)
いつもより多めの雪です。



第三ベンチ(積雪70p)
ピッケルが完全に埋まります。つぼ足では限界となり全員かんじきを着けました。冬山ではかんじきは必携です。

富士見ベンチ(積雪80p)





冬期営業責任者の榊寛昭
今シーズンの冬期責任者は大天荘支配人榊寛昭です。ブログも開設予定(HPのトップページより準備が整い次第お伝えいたします)ですのでお楽しみ下さい。


スタッフは20日、合戦小屋上の三角点の上で猛烈な吹雪と深雪のため入山初日は引き返し、二日目に再度登山口から登り直し、21日に燕山荘に入りました。合戦からもクラストしていないので、アイゼンは使わず、わかんを履いて登りました。

12月21日現在の積雪状況
中房燕岳登山口  10p
第一ベンチ 40p
第二ベンチ 60p
第三ベンチ 70p、わかん着用
富士見ベンチ 80p
合戦小屋 1m
合戦小屋〜燕山荘 1.5m

ピッケル、わかん、アイゼンは必ずお持ちください。
車でお越しのお客様は、駐車場には雪がありますので、チェーンをお持ちください。

燕山荘は12月23日〜2010年1月5日まで冬期営業をいたします。
スタッフ一同皆様のお越しをお待ちいたしております。

写真・リポート     赤沼健至

燕山荘通信