■北アルプス最高の稜線歩き・アルプス銀座■
H21.9.4更新

夏山最盛期を終え、縦走路の登山道の点検も兼ねて
ヒュッテ大槍までアルプス銀座を歩いてみました。


大天井岳からの夕日に染まる雲と槍ケ岳 槍・穂高連峰と月
大天井岳の頂上からは槍・穂高連峰の大パノラマ。昼間だけでなく、夜も素晴らしい景色を見せてくれます。

燕山荘グループ・大天荘スタッフ(右端が支配人榊寛昭)。休暇中のスタッフもいるのでこの日は3人でした。 常念小屋スタッフが燕山荘へ遊びに行く途中、大天荘名物・インディアンカレーセットと生ビールで休んでいってくれました。

大天井ヒュッテ 牛首岳と大天井岳
燕山荘グループの大天荘を出発して30分で大天井ヒュッテ、そして20分でビックリ平。

ビックリ平

槍ケ岳

赤岳山頂からは天井沢から槍ケ岳がせり上がり、北鎌尾根や南岳の稜線をかかえて、迫力ある槍ケ岳が望めます。

だいぶ東鎌尾根が近づいたころ、西岳ヒュッテに到着。西岳ヒュッテスタッフの東鎌尾根登山道の修理の早さには頭が下がりました。地形的に崩れやすいところなので、こまめな修理が大切になります。


そして、ようやくヒュッテ大槍に到着・・・

ヒュッテ大槍からのアルプス銀座全行程
左端の燕岳から一番高い大天井岳、そして右端の西岳ヒュッテと全てを見まわすとよくも一日で歩いて来られたものと感動を覚えます。

ヒュッテ大槍と槍ケ岳


ヒュッテ大槍のスタッフ
(右端が支配人猪股賢一)

ヒュッテ大槍からの前穂高と奥に木曽駒ヶ岳

槍ケ岳、北鎌尾根の迫力

NHKの方がサルの取材で訪れていました。

槍ケ岳 

常念岳

やはりヒュッテ大槍からの展望は素晴らしい。ワイドレンズのカメラでないと全貌を表現できないのが惜しい。


写真・リポート        赤沼健至  

燕山荘通信