■そこはかとなく春らしくなってきました■
H21.5.14更新

GWも終わり、日中の暖かさに(山でも)春が感じられるようになってきました。天気予報で快晴マークがでたら、ちょっと燕岳に登ってみませんか。中房の谷は花盛り、合戦小屋からは冬景色、鶯や野鳥のさえずりを聞きながら贅沢な登山ができるのがこれからの燕岳です。そして温泉につかって山行を共にした人との語らい、出会った皆が友達になれるのも楽しみです。

〈鳥さんたちも姿を見せ始めました〉

イワヒバリ

イワヒバリ

ホシガラス

雷鳥は、繁殖期が近付き、オスは赤いトサカが目立ってきました。

〈のんびりと楽しむ春山〉
「雪があるのに暖かい。ゆっくりと山を楽しめるのがいい。」
空の碧さが、より一層登山を印象深いものにし、初めて出会った方との会話も楽しい山の思い出となります。

〈山から下りればやっぱり温泉〉
露天風呂

内湯

人気の安曇野丼と・・・ 山菜定食
「有明荘の温泉と昼食は最高!生ビールを飲みながら、スタッフの人や一緒に登った人たちとの話が本当に楽しかった。」と、名古屋からみえたお二人様。

〈有明荘周辺の花〉
露天風呂とシャクナゲ

二輪草

ショウジョウバカマ

オオバキスミレ


今、登山道では、ウグイス、コルリ、オオルリ、メボソムシクイ、ミソサザエ等、本当にきれいな声の野鳥のさえずりが楽しめます。芽吹き、花、残雪、温泉・・・、山好きは堪えられない季節となりました。

※常念岳方面へ縦走される方へのご注意
燕山荘から常念岳方面へ縦走を計画されている方は、まだまだ雪がありますので、次の点にご注意頂きますようお願いいたします。
@蛙岩は岩の中の穴を通ってください。
A大天井岳への登りは頂上まで直登してください。
Bアイゼンは12本歯、ピッケルやストックをお持ちください。
また、詳しくは燕山荘フロントにお問い合わせください。

 写真・リポート     井村克彦   赤沼健至 高橋広平

燕山荘通信

燕山荘トップへ