■迫力ある景色と冬の企画■
H20.12.27 更新

12月23日〜25日はこの時期としては珍しく雲ひとつ無い晴天の日々が続きました。



【燕岳山頂からの眺め】
槍ヶ岳・穂高連峰
立山・剣・白馬方面
餓鬼岳から遠く火打・妙高・黒姫方面
富士山と南アルプス
ルート状況確認のため、山頂まで視察に行ってきました。すべて燕岳山頂からの眺めです。これだけの大パノラマが満喫できる山頂もそう多くはないはずです。我々スタッフも、この時ばかりは時の経つのも忘れて見入ってしまいました。

【こんな雪庇も】
山頂からの帰り、所々こんな波のような雪庇ができていました。
普段小屋の中にいることが多く、なかなか外に出歩くこと少ないため、どの雪ひとつとっても様々な被写体があることに、改めて感動しました。
【クリスマス】
「思いも寄らぬクリスマスケーキ、ありがとうございました」
ささやかながら、スタッフの手作りケーキをサービスさせていただきました。

【燕岳写真展】
今年で三回目になる冬の燕岳写真展です。フロント前にて展示中です。

【冬季オリジナルTシャツ】
「かっこいい!」今年の冬期オリジナルTシャツはデザインが一新しました。
バックプリントのデザインが人気です。
【12月24日の朝】

【12月26日現在の積雪量】
登山口〜第二ベンチ 20〜40p
第二ベンチ〜第三ベンチ 40〜60p
第三ベンチ〜富士見ベンチ 60〜80p
富士見ベンチ〜合戦小屋 80〜1.5m
合戦小屋〜燕山荘 1.5m〜2m
※冬山装備にあるワカンは必ずお持ちください。登山道入り口付近で雪が少なくても、上部には雪があり、ワカンがないと先に進めません。忘れずに、携帯ください。

※これから年末年始に向けては様々な“あったかイベント”で皆さまのお越しをお待ちしております。
【12/25〜30】   焼酎とつららロックと忘年会
【12/31】      年越しそばとふるまい酒
【1/1〜3】      おもちつき大会

※燕山荘冬季営業は2008年12月20日〜2009年1月6日です。冬季ご宿泊につきましてはご予約が必要となりますので、燕山荘松本事務所(0263−32−1535月〜金曜日 9:00〜17:00)あるいは燕山荘(090-1420−0008)まで直接ご連絡をお願い致します。


写真・リポート   榊 寛昭  河地清人

燕山荘通信

燕山荘トップへ