■冬季営業中の山荘内の様子■
H20.12.25更新


12月23日の日の出

12月23日の日の出は7時。いつもの構図ですが、入山時より雪が多くなって冬らしくなってきています。今のところ雪は少なめです。

【冬至カボチャ】
「冬なのに食堂の中の暖かさには驚きです。ゆっくり食事を楽しめました。」「ボリュームある食事に満足です。」年末年始に向けてはあったか鍋が登場!体を芯から温めてくれます。
会津駒ケ岳、駒ノ小屋三橋さんご夫妻がお見えになりました。「今日は冬至、カボチャを煮ました。三橋さん、会津の冬至カボチャはどのように煮るのですか?」「安曇野では、小豆と米の粉のお団子をいれて甘く煮るのですが、今回はカボチャだけにしました。皆さんのところはどんなんですか?」と森冬季支配人。

【コタツでゆっくり】
冬といえばなんといってもコタツにみかん、いえ、熱燗もいいですね。この日は皆さん、コタツに入りながらホルンの演奏を楽しまれていました。

これから年末年始に向けては様々な“あったかイベント”で皆さまのお越しをお待ちしております。
【12/25〜30】   焼酎とつららロックと忘年会
【12/31】      年越しそばとふるまい酒
【1/1〜3】      おもちつき大会

※燕山荘冬季営業は2008年12月20日〜2009年1月6日です。冬季ご宿泊につきましてはご予約が必要となりますので、燕山荘松本事務所(0263−32−1535月〜金曜日 9:00〜17:00)あるいは燕山荘(090-1420−0008)まで直接ご連絡をお願い致します。

※ アルペンホルン営業は2008年12月20日〜2009年3月31日です。燕山荘スタッフガイドによるスノーシュー企画も盛りだくさんでお待ちいたしております。

写真・リポート   榊 寛昭  赤沼健至

燕山荘通信

燕山荘トップへ