■ほのかに雪化粧した燕岳です■
H20.11.04更新

雪山と呼ぶにはまだまだ積雪自体は少なめですが、
今燕岳は緑のハイマツと白の雪のコントラストが絶妙な様相となっています。
感動の北アルプス初冬をぜひ楽しんでください。
これからの時期、晴れた朝を迎えれば、とても奇麗な御来光(6:05)を堪能していただけます。
遠く富士山から八ヶ岳、浅間山の噴煙、妙高方面と、くっきりその容姿が浮かび上がります。
朝日を浴びるテント村です。その傍らで風紋(風が織りなす雪面にできる模様)の撮影中のお客様。
撮るものは山ばかりではありません。お客様の感性にマッチしたものすべてが絵になり写真になります。
【秋の日はつるべ落とし】
11月3日現在日の入りは4:50です。「つるべ落とし」とはよく言ったもので、あっという間に日没を迎えます。
日が沈むと急に冷え込みが増します。
槍ヶ岳の後ろがほのかに赤く染まり、1j時間後、寒さで空気もピンと張りつめてくると稜線と月夜の光景が一段と幻想的です。夏山では味わえないひとときです。
【寒さに負けず、スタッフは元気一杯です!】
1年目 井上 売店店長 谷
井上「山小屋での仕事やスタッフ皆との共同生活で、下界で当たり前のように使っていた水や電気が、どんなに貴重で大切な資源かがよくわかりました。」
谷「寒さ増すこの時期です、温かい飲み物や手袋、防寒着を取りそろえてお待ちしております!」
山小屋スタッフらしく、寒さはもろともせず元気一杯に、シーズン終盤、皆様のお越しをお待ちしております。
【あったか鍋サービス】

寒いこの時期は鍋に限りますね!11月4日から、夕食時に鍋をご用意致します。
冷えた体を温かい鍋であたためてください
1日、2日の連休オーナーのホルンが冴えてきました。
夏場はイマイチ調子が出なかったようですが小屋じまい間際、いい音してます。

11月3日現在合戦小屋から上部の登山道は、よく踏み固められた5cm程の積雪があります。
小屋周りで約10p前後の積雪です。
アイゼンがあると登りやすくなってきました。
積雪や装備などお気軽に燕山荘(090-1420-0008)までお問い合わせください。
燕山荘は、11月24日まで営業しております。 
 

レポート ・ 榊寛昭   写真 ・ 榊寛昭 赤沼健至

燕山荘通信

燕山荘トップへ