■アルプス銀座を歩く槍ヶ岳登頂ツアー「燕岳から大天井岳」編■
H20.10.4

 
燕岳登頂
素晴らしい眺望が楽しめるアルプス銀座コースは稜線歩きを満喫できる北アルプス屈指の名コースです。
毎年、紅葉が鮮やかになり始める秋分の日のころ、燕山荘グループの山小屋を泊まりながら槍ヶ岳を登頂するツアーを実施しています。今年は、9月23日お昼に燕山荘集合、23日大天荘泊、24日ヒュッテ大槍泊で実施いたしました。
 
【ツアー初日・9月23日】 
北燕岳 北燕岳山頂を目指して
   
 
「もう紅葉が始まっていてきれいね。」
燕岳の標高は北アルプスの中でも高い方なので、他よりも少し早く紅葉が始まります。ツアーの初めはまず、足元から!燕岳、北燕岳頂上に登頂し、燕岳の魅力を味わっていただきました。
 
 
昼食を食べてから、大天井岳(おおてんじょうだけ・2,922m)を目指します。この山は安曇野の最高峰で、一番高いという意味で「オテンショウ」または「オオテンジョウ」といいます。「ダイテン」という呼び方は麓の人達の俗称です。この山の頂上からの眺めが素晴らしい。山荘からも頂上が近く、山好きの人に親しまれてきました。
 
 
「9月23日なのにもう紅葉が始まっていて、山は秋なんですね。」
稜線の秋は、一足早く訪れます。為右衛門釣り岩辺りの紅葉がきれいでした。
 
 
槍ヶ岳と大天井岳 燕山荘へと続く稜線
   
大天井岳頂上 頂上から常念岳方面
大天井岳の眺めはこのコースのハイライトです。本当にきれいな所です。ガスが出て、槍、穂高連峰が隠れてしまい残念。 
 
 【初日の宿泊場所・大天荘】

大天荘フロント
23日の宿泊は頂上から10分の大天荘、安曇野市の建物ですが、燕山荘が運営しています。
 
大天荘の夕食は、お肉かお魚、お好きな方を選んでいただけます。
 
 
大天荘の食堂
夕食後は、今回のツアーに参加いただいた方々と燕山荘・赤沼、井村、河地で一杯傾けながらの山談義が続きました。
 
     写真 ・リポート     赤沼健至  井村克彦 河地清人   
 

燕山荘通信

燕山荘トップへ