■第二回親子ファミリー登山教室開催■
H20.8.21

 
8月16〜17日、第二回親子ファミリー登山教室を、今回も特別ガイドの大蔵喜福さんをお招きして開催いたしました。あいにくの天候で燕岳に登頂できなかったのですが、大蔵さんのスケールの大きい登山の話を聞くことができて皆さん目が輝いていました。
 
 【有明荘から出発】
 
有明荘前で。8月16日、出発は8時30分
 
 【合戦小屋に到着・スイカと昼食作り】
 
「うまそうな西瓜、一人2個あるんだって。」
 
 
大蔵さんの献立は前回と同じ「うどんとサラダ」
「大蔵さんこのたれショッパイ!」「 そりゃーつけすぎだぁー」
「ゴミ・残飯をキチンと片付けないとクマさんやキツネさんが来ていたずらをするんだ。」
「皆きちんと片付けたかな?」「うん,やったよ。クマさんはコップも食べるのかな・・・」
 
 【雨の中燕山荘に到着】
 
雨のために頂上に行けなかったので、エベレストほか8,000メートル峰5座登頂、マッキンリー山に十数回登頂ほか数知れない登山経験を持つ大蔵さんの山談義をたっぷり聴くことにしました。
マッキンリーで雪崩に遭遇、体ごと飛ばされて頭から雪の中に突き刺さった。雪の中って暗いんだよ。どっちが上だか分らない。そこで唾を流したんだ。それで頭が下だとわかった。「わぁーきたないんだねー」「・・・・・」等など。話は尽きることがありませんでした。
「皆どの話がおもしろかった?」「大蔵さんの顔が面白かった。」「・・・・・・・」
 
 【ホルン実習】
 
 朝も天気が悪く小屋の中でアルプホルンを吹くことにしました。
 
 【よく頑張りました】
時間切れで頂上まで登れなかったけれど、皆な、よく頑張ったと大蔵さんから登頂証明書をもらい大喜び。
17日は全員無事に有明荘に到着することができました。
 
たわし髭の大蔵喜福(よしとみ)さん。エヴェレストを始め8,000メートル峰5座登っているオーナーの親友の登山家の方です。
 
 【今咲いている花】
 
キオン  アサギマダラ
   
ミヤマシシウド マルハダケブキ
   
クルマユリとテガタチドリ ニッコウキスゲ
まだまだ、花の世界も元気がいいです。   
 
     写真    赤沼健至
 

燕山荘通信

燕山荘トップへ