■燕山荘から大天井岳への道■
H20.6.10

6月に入り、燕岳、燕山荘周辺の雪もかなり融けてきました。
また、6/7〜8、大天荘スタッフが、ルート状況の把握と大天荘下見の為、
燕山荘・大天荘間を往復してきました。最新の登山道状況をご報告いたします。
〈6月7日の燕岳と燕山荘周辺の様子〉
縦走路から燕山荘を望む ヘリポートから燕山荘、燕岳を望む
〈燕山荘から大天荘への道〉

蛙岩
「蛙岩(ゲーロイワ)」の通過は夏道(東側を巻く通常ルート)をお通り下さい。
この部分の残雪はありません。
大天荘までのルートで唯一、雪の上を歩くのがこの「大下りの頭」を下りきった鞍部にある雪渓です。
今後は、雪に埋もれていたダケカンバ等も残雪から立ち上がってきますので、通過には特にお気をつけ下さい。
左手に見える夏道にはまだまだ残雪があり危険ですので、
常に真っ直ぐ稜線上を行く道をお選び下さい。
大天井岳の山容が近づくにつれ、左斜めにトラバースするルート(夏道)に
大量の残雪があるのがわかります。真っ直ぐ山頂へ向かって下さい。
矢印やペイント表示に従い、山頂へジグザグに直登するルートをお通り下さい。
大天井岳山頂からの眺めは、相変わらず『素晴しい!』の一言。
山頂は最も美しい槍・穂高を見られる場所の一つです。

大天荘
6月28日には営業を開始いたしますので、どうぞ今シーズンもよろしくお願い致します。

写真  報告   大天荘支配人 猪股賢一

【大天井岳方面へ縦走される方へ】
大天井岳は必ず頂上へ直登してください。くれぐれも危険ですので夏道には入らないようにお願いします。また、今年は北面に当るフェイスが、雪が凍って滑りやすくなっていますので、風が強いときは注意が必要です。

燕山荘通信

燕山荘トップへ