■2007〜2008年冬期営業総集編B■
H20.2.8

燕山荘冬期営業(2007年12月22日〜2008年1月6日)の総集編を3回に分けてお伝えいたしています。
三回目は初日の出から、営業終了までの様子です。
【初日の出】
1月2日 待ちに待った初日の出です。ぼんやりと雲の上から昇ってきました。
普段のご来光もきれいですが、初日の出は感動してしまいます。
【書初め】
お正月といえば書初め、今年もたくさんの皆さんに書いていただきました。スタッフも一緒になって何枚も書いているところです。
【上を向いて空を見上げて】
スタッフは、皆、空を見上げて何をしているのでしょう?
【正解は・・・】
新たな企画として思案中の・・・凧揚げです。
以前から、何度もやってみようと案が出ていたのですが、ようやく今年試作として実現。100mの糸があっという間になくなりました。スタッフ皆、子供時代以来の(?)久しぶりの凧揚げで大いに盛り上がりました。来年の冬期のお客様に楽しんでいただければと新しい企画として検討中です。
【小屋閉め作業中】
1月7日 楽しい時間は本当にあっと言う間に過ぎ、下山前日となりました。春の小屋開けに上がってきた時に不備がないよう、きれいに片付けます。
【燕山荘も冬篭り】
雪をしっかりと被った燕山荘。
小屋開けのヘリコプターが訪れるまではしばらくお休みに入ります。
【荷物が重くて】
1月8日 吹雪の中の下山となりました。
あまりにお天気が良いと、もう少し留まりたいと気持ちが残るので、その点では
最高の下山日になりました。第2ベンチまで下りてくると、張り詰めていた気が
緩んでくるので荷物も急に重く感じます。
【ありがとうございました】
登山口まで無事下山。事故もなく無事に営業を終える事ができました。
登山者の皆さん、関係者の皆さん、本当にありがとうございました。
冬期スタッフ一同
下山後・・・来年はあれをやりたい、こんなこともしたいと早くもいろんなアイデアが出てきています。
より安全により楽しい冬期営業を目指したいと思っています。
来年度も冬の燕岳にお越しいただきますようにお待ちしております。

     冬期営業責任者 森 聖

春は4月25日から燕山荘、有明荘の営業を開始いたします。
皆様のお越しを心からお待ちいたしております。

燕山荘通信

燕山荘トップへ