■2007〜2008年冬期営業総集編A■
H20.2.3

燕山荘冬期営業(2007年12月22日〜2008年1月6日)の総集編を3回に分けてお伝えいたします。
二回目は、大晦日と元旦の様子です。
【大晦日のご挨拶】
 12月31日 吹雪の中登ってこられた登山者の皆さんも夕食が終わってほっと一息。
オーナー赤沼から大晦日のご挨拶を申し上げました。
【年越しそばの準備中】 
  オーナーが挨拶をしている同時刻、厨房の中では年越しそばの準備中。そして、みなさんに。
【おとそで一杯】
年越しそばの後にはおとそで一杯。高所なので飲みすぎには気をつけてくださいね。
【お疲れ様でした】
   大晦日のバタバタも終了して、やっとスタッフの食事になりました。今年も無事に終わることが出来たので、さらに体調管理にも十分気をつけて冬期営業の最後まで事故なく無事に下山できるようにと改めて身が引き締まりました。
【あけまして おめでとうございます】
     1月1日 初日の出はもしかして?と思いましたが残念ながら見る事ができませんでした。
     写真は燕山荘元旦のお節に盛り合わせたかまぼこでイノシシとねずみです。
ゆく年くる年お分かりでしたか?
【みんなの目の前ではなにが?】
   「よいしょ。よいしょ。」とみんなで掛け声をかけているところです。
【恒例の餅つき大会でした!】
     お餅つきも早いもので今年で3年目。登山者の皆さんと一緒にお餅をつきました。
年の初めにお餅をつくと運もつくので皆さんも気軽に参加してくださいね。
きな粉餅とあんころ餅。今年のお餅の出来栄えはご覧の通り。
思わず笑顔になるおいしさでした。3年目にしてやっと合格点をいただけました。
来年はもっともっとおいしく・・・と餅つき担当のスタッフが張り切っていますので期待していてくださいね。
燕山荘 森 聖
写真   森 聖  田多井優子 小笠原 彰

燕山荘通信

燕山荘トップへ