■燕岳のクリスマス■
H19.12.25

【クリスマス】
燕山荘のクリスマスは一足早く12月23日に。
スタッフの手作りケーキとプレゼントにお客様は大喜び。
今年も楽しいクリスマスをお祝いする事ができました。

ワインとケーキは・・・あっという間になくなっていきました!
【ラッセル隊】
新たな積雪がありましたので、今日も、登ってこられるお客様のためのトレース付けに山荘スタッフが出発。今年は気温が高めなので、雪がワカンにくっついて、くっついて・・・。さすがにラッセルに強いわれらがラッセル隊も苦戦気味でした。今年は、毎日雪が降っているので、ワンド(赤い旗)をたくさんたて、トレースが消えても、ワンドの左側に埋もれているトレースがわかるようにしました。
登る時は雪の中にあるトレースを足の裏でさぐりながら歩いてください。
「アー、お腹が空いた!エネルギー補給だ!」
【ビギナーのための冬季燕岳登頂ガイド第1回】
12月22日〜24日、この冬一回目のツアーを実施いたしました。
2006年第一回、快晴の中をツアーに参加された山岸さんと、第四回、途中から猛吹雪となり、燕山荘に入ってから下山するまで一歩も外に出られなかった門永さんもご参加いただきました。
積雪2mの合戦小屋。ここから上は風が強くなるので、吹雪の時の昼食は富士見ベンチ付近でとるといいでしょう。
ツアーは7:30に燕岳登山口を出発し、15:30燕山荘に無事到着しました。
天気予報が良いほうにはずれ、槍ヶ岳まで顔を出す快晴になりました。
新雪の上、ハイ松を踏まないようにルートを作りながら頂上をめざしました。
この新雪の美しさは、冬山でないと味わえない。雪の色が違います。
午後、ツアーのプログラムのひとつ、雪洞堀の講習会を行いました。
いろいろな企画を次々と考え出す、元気一杯の冬期スタッフの面々です。
登山道は、ラッセルをしてありますが、積雪などで、トレースが消えてしまった場合は赤いワンド(印)の左側を歩くと雪の下にトレースがあります。また、冬山の場合は予約が必要ですので、松本事務所(電話0263−32−1535)までご連絡ください。

宮城ゲート付近に車を止めますと近くの住民の方の迷惑になりますので、お車でお越しの方は、ゲート下の臨時駐車場か安曇野市営しゃくなげ荘の登山者専用駐車場に駐車願います。

今年から、携帯電話はFOMAが中房登山口周辺でも使えるようになりました。有明荘周辺から第三ベンチの周辺までおおよそ通話が可能です。また、MOVAは第一ベンチ周辺と、第三ベンチから上で通話可能です。参考になさってください。
(対応機種は、904i、903i、902iS、902i、901iS、704i、703i、702iS、702i、701i、700iS各シリーズです。)
燕山荘冬期営業は2007年12月22日から2008年1月6日を予定しております。
4回のビギナーのための冬期燕岳登頂ガイドツアーをはじめ、
いろいろな企画でお待ちいたしております。
撮影   赤沼 健至

燕山荘通信へ

燕山荘トップへ