■今シーズン燕山荘の営業は11月24日のお泊りまでです■
H19.11.22

今シーズンの燕山荘営業終了日が近づいて(11月24日のお泊りまで)、
燕岳も冬山らしくなってきました。
オーナー赤沼とスタッフは雪山の美しさを皆様にご覧いただきたく、
北アルプス稜線の山荘としては唯一、11月下旬まで営業をして参りました。
只今の天候は、気温が最低マイナス10℃以下、風速20m以上になるときがあります。
この時期にしては例年にない積雪があり、厳しい冬山の様子をみせています。
しかし、23日からは天候も回復しそうで、最高の雪景色をみせてくれそうです。

落葉松の樹氷と槍ヶ岳

11月19日の日の出
 樹氷の合戦尾根

合戦尾根上部より望む槍ヶ岳

おほめの松と槍

雪をまとい貫禄のでた大天井岳
〈名物、夕食時のオーナーの四方山話とホルンの演奏〉
“あったか鍋”とともにお楽しみください。
〈燕山荘の中は、“冬囲い”の準備を進めています。〉
食堂に立てたサポート 雪でつぶれないようにしっかり支えます
積雪は合戦小屋で80cmくらい、合戦小屋から山荘までが80cm〜1.5mくらいで、三角点から上は冬道になりました。現在はアイゼンも必携ですが、ワカンもあったほうが上下山は楽です。

穂高駅から中房登山口までの乗合バスは11月25日まで運行されます。
燕山荘では静かな冬景色をご覧いただきたく、11月24日まで営業しております。11月24日まで、お泊りのお客様には【あったか鍋】のサービスをしております。また、有明荘も11月24日のお泊りまで営業しておりますのでご利用ください。

撮影   井村 克彦

燕山荘通信へ

燕山荘トップへ