■山の紅葉は9月下旬に始まります■
H19.9.12

例年ですと、8月20日過ぎには花が散ってしまうコマ草が、
今年は9月上旬まで登山者を楽しませてくれました。今はリンドウが主役です。
トウヤクリンドウ、オヤマノリンドウが咲き始めナナカマドの実も赤く色づき木の実も実ってきました。

台風が去った後、山は徐々に秋らしくなってきました。
〈道直し〉
台風の雨は道を川に変えてしまい登山道を壊してしまいます。スタッフは雨の中を登山道作りに精を出します。
〈虹と麓の景色〉
台風が去った後、ふと気付くと虹が出ていました。麓に目を向けると、水田に植えられていた稲が黄金色に色づいてきたのが見えました。
〈コマ草からリンドウ、木の実へ・・・〉
今年一番楽しませてくれたのはコマ草でした。
トウヤクリンドウ オヤマノリンドウ
ベニバナイチゴ 黒ウスゴ
シラタマノ木 オオヒョウタン木(毒なので注意)
燕山荘直下のナナカマドの実
合戦小屋のナナカマドは標高の高い燕山荘周辺よりも先に赤く染まります。
〈合戦小屋売店のTシャツとおやき〉
ゆっくりと登ることが疲れないコツのひとつでもあり、汗をかかないで登れるコツなのですが、汗をかくと、体が冷えて寒く感じる季節になりました。合戦小屋でも長袖のTシャツを用意いたしました。また、スイカもこの連休まで味わっていただけそうです。
new9月15日から合戦小屋で、天然酵母のおやきを販売いたします。
野沢菜、つぶあん、野菜などがありとても美味しいです。長野の名物、お試しください。
おまけの映像です。9月12日安曇野市穂高からみた有明山の夕景です。
一時、山全体が深いピンク色に染まりました。有明山の奥に燕岳があります。
写真  井村克彦

燕山荘通信へ

燕山荘トップへ