■野生動物たちと共存しています■
H19.7.18


台風4号が過ぎ去って、久しぶりに夕陽が望めました。
高瀬側に入る雲海は、普段山荘にいるスタッフでさえなかなか見ることは出来ません。
槍ヶ岳のシルエットが鮮明です。
7月16日現在、日の入りは18時52分でした。
〈燕山荘対岸の尾根に現れたクマ〉
名前は「ササ」、7歳、メスです。燕山荘と熊、カモシカ、雷鳥などの野生動物たちは、10年以上前から、試行錯誤を重ねて共存を図ってきました。今では、山小屋や登山道にクマが出てくることはありません。ここに至る過程の話はオーナー赤沼が夕食後のホルンの演奏とともに楽しく語っております。野生動物全てと仲良くし、いい関係を持つためには、人間が彼らと接点になるゴミや生ゴミを出さないことが重要であることがわかりました。登山者の皆様、くれぐれもゴミ、生ゴミを捨てずにお持ち帰りください。野生動物と平和に共存していくために是非ご協力をよろしくお願いいたします。
〈カモシカもいました〉
約10mまで近づけましたが、警戒心が強く、あっという間に逃げ去りました。
動物達も、生えてきたばかりの新芽などを夢中で食べているようです。
〈高山植物も夏の花が次々と咲き出しています〉
ウメハタザオ イブキトラノオ
ミヤマクワガタ 紅花イチゴ
〈夕陽に染まるコマクサ〉
コマクサは見頃を迎えています。
〈7月16日現在の燕山荘と燕岳〉

手前に見える白い花はナナカマドです。新緑の季節から夏本番へ衣替えです。
〈順天堂大学夏山診療所のドクターと学生さん〉

燕山荘には順天堂大学夏山診療所があります。ことしは7月14日(土)〜8月26日(日)の間開設されます。緊急時の心強い存在です。
〈7月16日現在の燕山荘のテントサイト〉
7月いっぱいは雪が残りそうです。

朝晩の気温は8〜10℃、日中は日差しが出ると17℃前後まで上がります。
写真     榊 寛昭

燕山荘通信へ

燕山荘トップへ